MENU
楽天モバイルは4キャリアでiPhone15が最安値!
iPhone 15iPhone 15 Pro
ドコモ149,490円192,060円
au145,640円185,850円
ソフトバンク145,440円185,760円
楽天モバイル140,800円179,800円

楽天モバイルはiPhone15が最安値!iPhoneを使うなら楽天モバイルがおすすめ
・楽天モバイル初めて申し込み&対象iPhone下取りでさらに19,000ポイント還元
・データ無制限で3,278円!最強プラン開始でエリアも万全に

2023年9月現在、最もおすすめの格安SIMは楽天モバイル! 最強プランの提供開始に伴い、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

LINEMO
LINEMO LINEMO

LINEMOは20GBプラン2,970円、3GBプラン990円の2種類を用意。20GBプランは実質6ヶ月無料、3GBプランは実質12ヶ月無料と他社の追随を許さない圧倒的な月額無料キャンペーンが魅力です!0円運用できるスマホプランが根絶された中、少しでも安くスマホを持ちたいならLINEMOで決まり。都心でつながりにくいahamoにくらべて電波状況も良好です!

スマホの買い替えは2年ごとが正解か?2年だともったいない?

当ページでは広告を利用した商品のご紹介が含まれていますが、これは当サイト内の各サービスの評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。
緊急!楽天モバイルがiPhone全機種値下げ中

楽天モバイルのiPhoneシリーズが全て値下げ!最新iPhone15&15 Proも対象!
乗り換え&購入で20,000円割引&13,000ポイント還元!複雑な条件なし!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!
・AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
auエリアのプラチナバンド獲得で電波状況も大幅に改善!
・電話かけ放題&データ無制限で月額3,278円!余計なオプション一切不要

2023年2月は楽天モバイルが超還元を開催で最もお得です! iPhone全機種が33,000円分還元、SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

さらに「Xperia10Ⅴ26,930円値引き(一括32,360円)」「Galaxy A23 5G 20,000値引き(一括6,400円)」など、Android勢にも嬉しいスマホ投げ売り祭りが開催中。

最強プランの提供開始でauエリアのプラチナバンドを獲得し、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

さらに、ギガを使わない月は自動的に安くなります。20GBまでなら1,100円安くなって2,178円、3GBまでならなんと月額1,078円まで値下げされます!

ギガをたくさん使う人も、あまり使わない人も、iPhoneがお得に欲しい人も楽天モバイルがお得です!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

終了間近のキャンペーンを見逃すな!

スマホのキャンペーンは3~4月が最もお得です。キャリア各社のキャンペーンが激化する中、なんとワイモバイルで「他社から乗り換えで最大26,000PayPayポイント還元」という破格のキャンペーンが開始されました!

たとえば家族4人で乗り換えれば、合計最大104,000ポイントもの大量還元。過去1年間で一番お得なキャンペーンなので、乗り換えを検討中の人はこの機会を見逃さないようにしましょう!

Tact

毎年3~4月は、スマホのキャンペーンが最もお得な時期乗り換えは今がベストタイミングですよ!

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

・終了間近のキャンペーン
楽天モバイルにSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元!(3/14まで)
楽天モバイルでiPhone全モデル値下げ!さらに33,000円分還元!Android5機種も大幅値下げ(3/14まで)
ahamoの特設サイトエントリー&乗り換えで10,000ポイント還元!(近日終了?)
povoの対象トッピング購入&乗り換えで最大10,000円分のauPAY残高還元!(不定期)
ワイモバイルのSIMのみ乗り換え還元PayPayポイントが26,000ポイントに増額!(3/31まで)
IIJmioでGOGOセール開催中!110円スマホが購入できる期間限定キャンペーン!(3/31まで)
楽天モバイルでOPPO Reno9 Aが緊急で20,000円値引き!一括20,700円(3/31まで)

・最新の投げ売りスマホ情報
・12月27日、規制開始後の1円スマホキャンペーンまとめ記事はここをタップ
楽天モバイルでiPhone15が実質32,880円!大幅値下げ&33,000円相当還元開催中
auオンラインショップでiPhone15が44,000円割引!
・auでGoogle Pixel 8が実質47円、Pixel 7aは一括25,500円
・auでXiaomi 13Tが実質7,900円、一括43,000円!
・ワイモバイルでOPPO Reno9 Aが一括13,400円
auUQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone12が一括21,000円!(在庫残りわずか)
au&UQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone13が一括48,000円!(在庫残りわずか)
ソフトバンクでiPhone14とPixel 8が実質1円(13ヶ月目で返却した場合)
auでGalaxy S22が乗り換え実質47円、機種変更16,547円(24ヶ月目に返却した場合)
ワイモバイルで認定中古品iPhone12が一括33,800円!

2024年3月に入り、終了間近のキャンペーンが多く出てきています!総務省の割引規制が12月27日に行われ、さらにahamoの10,000ポイント還元ワイモバイル26,000ポイント還元など、多くのキャンペーンが近日中に終了します!

Tact

3月はスマホキャリアもお得な特典が満載。特にiPhone15関連は活気があり楽天モバイルの17,000円値下げ&33,000円還元auの44,000円割引など破格の値下げ合戦が開催中です!3月はスマホが最もお得な時期なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

本記事はスマホの買い替えを検討している方に向けて、ベストな買い替えタイミングを解説します。

スマホの買い替えはいつがいい?
  • スマホの買い替えは2年ごとが正解!
  • 最近のスマホは平均2年以上使える
  • 使い方によってスマホの寿命は変わる
  • キャリアの購入プログラムで4年持つより2年ごとに買い替えた方が安い

「スマホの買い替えは結局いつすればいいの?」と頭を悩ませていませんか?

近年では品質向上やOSのアップデート期間が延びるなど、2年以上にわたって長期利用できるスマホが増えています。

一方で、スマホを2年ごとに買い替えることが当たり前のような風潮もあるため、余計にいつ買い替えればいいか迷ってしまいますよね。

結論、スマホの買い替えは2年ごとが正解。それは、スマホの寿命や故障リスクといったややこしい理由ではなく、単純に「安いから」です。

記事でも詳しく解説しますが、2年ごとに買い替える場合とそうでない場合をざっくり比較すると、以下のようになります。

スマホを2年ごとに買い替える・買い替えない場合の比較表

iPhone15(128GB)を購入した場合

iPhone15(128GB)
ドコモオンラインショップ価格
2年で買い替えする
(2年後にまた最新機種を買う)
2年で買い替えない
(4年使い続ける)
毎月の分割代金3,285円×23回
(24ヶ月目に返却すれば残りの支払い不要)
6,228円×24回
総額いくら?73,920円149,490円
2年後どうなる?また最新機種を買える同じ機種を使い続ける
2年〜4年の分割代金3,285円×23回
(新しいiPhone)
0円
(4年は同じiPhone)
4年間の合計は?147,840円149,490円
結局どういうこと?2年ごとに最新機種が持てる
4年間の合計金額が安い
2年ごとに新しい機種が買えてしかも安いから買い替えない理由がない
同じiPhoneを4年使い続けなきゃいけない
3年など中途半端なタイミングで買い替えると余計損する
iPhone15を2年ごとに買い替えする・しない場合の比較表

上記は「iPhone15」をドコモオンラインショップで機種変更した場合の比較表です。iPhone15は最新なので特に割引はありませんが、それでも2年ごとに買い替えた方が安いです。

ちなみに、機種変更や本体のみ購入でも66,000円割引が適用できる「Xperia 1 Ⅳ」ならもっと違います。

Xperia 1 Ⅳを購入した場合

Xperia 1 Ⅳ
ドコモオンラインショップ価格
2年で買い替えする
(2年後にまた最新機種を買う)
2年で買い替えない
(4年使い続ける)
毎月の分割代金1,928円×23回
(24ヶ月目に返却すれば残りの支払い不要)
5,203円×24回
総額いくら?44,352円124,872円
2年後どうなる?またお得なキャンペーン対象機種が買える同じ機種を使い続けるので安い機種があっても買えない
結局どういうこと?キャンペーン割引を最大限活用できる
他社に乗り換えしなくてもお得
メリットなし
Xperia 1 Ⅳを2年ごとに買い替えする・しない場合の比較表

細かい話は後述しますが、Xperia 1 Ⅳのように特価割引が適用される機種は「最初の2年」が安くなる仕組みなので、2年買い替えのお得さが段違いです!

ドコモオンラインショップ|公式ページ
https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp

このように「割引が特に入らない最新iPhone」でも「投げ売りに近い割引が入るスマホ」でも、スマホキャリアの購入プログラムを利用すれば2年ごとに買い替えた方が安く買えてしまうのです。(ただし、街中のドコモショップなどを利用すると「頭金」という名目で端末価格が上乗せされるケースがあるので注意!オンラインショップなら安全です)

その上で、当記事では「キャリアのスマホ購入プログラムの仕組み」や、2年で買い替えるべきかどうかという点をさらに詳しく解説をしました。

当記事を参考に、ぜひお得にスマホの買い替えをしてくださいね!

各スマホキャリアのオンラインショップ&目玉機種

ドコモはXperia 1 Ⅳが66,000円割引!しかも機種変更&端末のみ購入も対象

ドコモオンラインショップ|公式ページ

https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp

auオンラインショップはPixel 8が最大26,000円相当還元!

auオンラインショップ|公式

https://onlineshop.au.com/

ソフトバンクオンラインショップは乗り換えで最大21,984円割引!iPhone15も対象!

ソフトバンクオンラインショップ|公式

https://www.softbank.jp/online-shop/

楽天モバイルはiPhoneの本体価格が4キャリアで最安値!

楽天モバイル 3月のお得情報

・2023年3月14日まで、楽天モバイルに乗り換え&iPhone購入で33,000円お得!複雑な条件なし!
・さらにXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

3月の楽天モバイルは激アツ!

なんとSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元の過去最高クラスにお得なキャンペーンが開始!

さらにiPhoneが全モデル値下げ!乗り換え&iPhone購入で33,000円相当を還元、最新iPhone15も対象で実質32,880円から購入可能!

AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で、なんと一括32,360円!Xperia10シリーズの最新機種がこの価格は非常にお得です!!

しかも2年返却はなし、純粋な値下げAppleストア価格よりも2万円以上安いです!

結論|スマホの買い替えは2年ごとが正解

結論を先にお伝えするとスマホの買い替えはやはり2年ごとが正解と言えます。

冒頭でもお話しましたが、スマホキャリアの買い替えプログラムを利用すれば「スマホの買い替えは2年ごと」の方が料金が安くなるからです。誰だって、4年同じスマホを使うより2年ごとに買い替えた方が安くなるなら、その方がいいですよね?

2年ごとの買い替えが正解な理由
  • スマホは2年経つと機能が大きく向上する
  • 定期的に買い替えることで故障のリスクが減る
  • キャリアの購入プログラムを使うなら2年ごとが最安

また、スマホは毎年新作が出る状況であり、たった1年の違いでもカメラ性能が向上したり、革新的な新機能が搭載されるなど日々進化しています。

例えば2021年に発売されたGalaxy S21 Ultraと2023年に発売されたGalaxy S23 Ultraでは以下のような違いがあります。

Galaxy S21 Ultra(2021年)Galaxy S23 Ultra(2023年)
CPUはSnapdragon 888
OSはAndroid 11
Sペンは別売り・本体には非搭載
国内版は256GBモデルのみ
CPUはSnapdragon 8 Gen 2
OSはAndroid 13
Sペンは本体に内蔵
512GB・1TBモデルが新たに登場
参照元:SAMSUNG公式サイト

たった2年で使い勝手が大きく変わっていることがわかりますよね。

各キャリアもスマホを分割購入し、2年後に返却することで実質的な支払いを下げる「購入プログラム」を用意しています。

出典:au公式サイト

購入プログラムを利用することで定期的に新作スマホをお得に購入できるため、2年ごとの買い替えが正解なのです。

とはいえ「2年ごとの買い替えは一つの正解」ではありますが、絶対的な正解ではありません。

先程の話から矛盾している点はありますが、結局のところスマホを何年使うかは人によって変わります。

  • キャリアの購入プログラムを使わずに中古スマホを買う人
  • 最低限の機能が使えればOKな人
  • IIJmioなどの格安SIMでスマホをセット購入する人

といった場合は2年とは言わず3年、4年とスマホを使い倒してもいいでしょう。

ただしスマホはOSが古くなったりアップデートを受けられなくなると、使えないアプリが増えたりセキュリティ面が脆弱になるなどのリスクがあります。

また、故障してからの買い替えでは大切なデータが消えてしまうことも考えられます。

長期的に利用する場合はスマホの買い替えタイミングに十分注意しながら、適切なタイミングで買い替えましょう!

【2024年3月】1円スマホが購入できるキャンペーン

2024年3月、もっともおすすめのスマホはauオンラインショップの「Galaxy S22」です!

Galaxy S22は規制開始以降も実質47円販売を継続し、ほぼ1円で購入できてしまいます。2022年4月発売の型落ちスマホですが、元々は10万円を超える価格で販売されていたハイエンドスマホです。

有機EL+120Hz駆動の高性能ディスプレイ、光学ズーム対応のトリプルカメラ、そして3Dゲームもサクサク動作するCPUを搭載しており性能面は文句なし!

実質47円で購入するにはauへの乗り換え+2年で返却が必要ですが、機種変更でも実質16,517円と破格の安さです。今すぐ安い高性能スマホが欲しいなら、auのGalaxy S22がおすすめですよ!

auオンラインショップで実質47円!
・機種変更でも実質16,417円!

・2022年発売のハイエンドスマホでカメラもディスプレイも動作性能も最高クラス

その他の1円スマホが購入できるキャンペーンは、下記のとおりです。au以外にもワイモバイルで1円スマホが販売中で、スマホを安く手に入れたい人は楽天モバイルも要注目です!

格安SIM狙い目機種公式サイト

楽天モバイル
・1円スマホなし
Galaxy A23が一括28,600円
+12,000ポイント還元
楽天モバイル|公式サイト
ワイモバイル
ワイモバイル
Libero 5G Ⅳ
一括3,996円+6,000ポイント還元で1円以下
・Xperia Ace III
一括3,980円+6,000ポイント還元で1円以下
・AQUOS Wish
一括1円!
・Libero 5G Ⅲ
一括1円!
ワイモバイル|公式サイト
IIJmio
IIJmio
・OPPO A55s(110円)IIJmio|公式サイト
UQモバイル
UQモバイル
・Redmi 12 5G
一括1円
UQモバイル|公式サイト

au
Galaxy S22
実質47円

Google Pixel 8
→実質47円


Google Pixel 7a
→実質47円


Xperia 1 Ⅳ
→実質47円
auオンラインショップ|公式サイト

ソフトバンク
1年返却の「新トクサポ」がお得
・Pixel 8
実質12円!

・iPhone 15
実質12円!

・Xiaomi 13T Pro
実質12円!

・razr40s
実質12円!
ソフトバンクオンラインショップ|公式サイト

スマホを2年で買い替える場合はオンラインショップを必ず利用する

大手キャリアでスマホを購入する場合は、必ずオンラインショップを利用しましょう。

なぜなら、オンラインショップは料金的なメリットが3つもあるからです。

キャリアのオンラインショップのメリット
  • 頭金0円
  • 事務手数料0円
  • 限定キャンペーンがある

特に「頭金・事務手数料0円」のメリットは大きいです。街中のショップ(ドコモショップなど)だと、頭金という名目でオンラインショップ価格よりも11,000円ほど高い値段でスマホやiPhoneを販売していることも珍しくありません。

しかも、事務手数料が3,850円(各キャリア共通)でかかります。もしもあなたが頭金11,000円のショップで機種変更をすると・・・頭金11,000円+事務手数料3,850円で1回あたり14,850円、2年後にも買い替えるなら3万円近く損をします。

オンラインショップなら確実に頭金も事務手数料も0円なので、それだけでも計り知れないメリットがあります。さらに「待ち時間なし」「余計なオプションを契約させられない」といった点も見逃せません。

以上の理由から、スマホの買い替えはオンラインショップがおすすめです!

なお、ドコモオンラインショップならクーポンで安くなるケースもあるため、合わせて確認しておきましょう。

各スマホキャリアのオンラインショップ&目玉機種

ドコモはXperia 1 Ⅳが66,000円割引!しかも機種変更&端末のみ購入も対象

ドコモオンラインショップ|公式ページ

https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp

auオンラインショップはPixel 8が最大26,000円相当還元!

auオンラインショップ|公式

https://onlineshop.au.com/

ソフトバンクオンラインショップは乗り換えで最大21,984円割引!iPhone15も対象!

ソフトバンクオンラインショップ|公式

https://www.softbank.jp/online-shop/

楽天モバイルはiPhoneの本体価格が4キャリアで最安値!

楽天モバイル 3月のお得情報

・2023年3月14日まで、楽天モバイルに乗り換え&iPhone購入で33,000円お得!複雑な条件なし!
・さらにXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

3月の楽天モバイルは激アツ!

なんとSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元の過去最高クラスにお得なキャンペーンが開始!

さらにiPhoneが全モデル値下げ!乗り換え&iPhone購入で33,000円相当を還元、最新iPhone15も対象で実質32,880円から購入可能!

AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で、なんと一括32,360円!Xperia10シリーズの最新機種がこの価格は非常にお得です!!

しかも2年返却はなし、純粋な値下げAppleストア価格よりも2万円以上安いです!

スマホは2年以上使える

大前提としてスマホは2年以上使えます。

内閣府が行った「消費者動向調査(2023年3月分)」では2016年以降の携帯電話の平均使用年数が4年以上となっています。

出典:内閣府:消費者動向調査(2023年3月分)

とはいえスマホは使い方次第で長持ちすることもあれば、2年を待たずに使えなくなってしまうこともあります。

何を基準に使用年数を決めたらいいかわからない」という方も多いと思うので、使い方によっての推奨使用年数を以下の3項目に沿ってお伝えします。

スマホは2年以上使える
  • Web検索やSNS利用なら5年以上使える
  • ゲームをするなら2年で買い替えが正解
  • カメラやディスプレイ性能を重視する場合も2年で買い替えが正解

Webでの調べ物やSNS・LINEくらいしか使わないなら、スマホのスペックはほぼ要求されません。この場合、iPhoneでいえば5年前に発売された「iPhone XS」くらいのスマホでも、故障がなければ問題なく動作します。

一方、スマホでゲームをする人は2年程度での買い替えがおすすめです。特に3Dゲームや対戦ゲームはスマホの要求スペックが高く、スペックの性能差で勝ち負けが決まるケースが多くあります。

Web検索やSNS利用なら5年以上使える

スマホにもよりますが、WEB検索やSNS利用といった日常的な使用方法であれば5年以上同じスマホを使い続けることも可能です。

SNSを見ると5年以上同じスマホを使っている方が何人もいました。

中には

  • バッテリーが劣化している
  • 何度も修理に出した

といった口コミもあったため、万全な状態で5年以上のスマホ利用は難しいのかもしれません。

とはいえiPhoneやGalaxyなど、OSのアップデート期間を延ばすことで同じスマホを長く使ってもらいたいと考える企業も増えています。

出典:SAMSUNG公式サイト

Google Pixelシリーズも長期的に使えるスマホです。

Google PixelヘルプによるとシリーズなどもOSアップデート期間は3年、セキュリティーアップデート期間は5年間保証するとのこと。

スマホ業界全体に5年以上スマホを安心して使えるような動きが広まっています。

ゲームをするなら2年で買い替えが正解

長期利用できるスマホですが、ゲームメインでスマホを利用する場合は2年で買い替えが正解です。

ゲームをする上でまず気にしたいのが使用機器のスペック。

下記はスマホの処理性能を示すベンチマークを比較するAntutu benchmarkから抜粋していますが、2年前のスマホと現在のスマホではCPUに大きな違いがあることがわかります。

比較スマホTotal Score
Galaxy S23 Ultra(2023年)1,273,371
OnePlus 11(2023年)1,140,711
Galaxy S21 Ultra 5G(2021年)701,004
HUAWEI P50 Pro (2021年)640,746
※海外のスマホを元にしています

特にFPSなどの対戦型3Dゲームでは画面の解像度やスマホの処理能力によっても勝率が変わってくるなど、大きな影響があります。

2年における性能の差は非常に大きいため、より満足のいくゲーム体験をしたい場合はやはり2年ごとの買い替えがおすすめです。

また、ゲームメインでスマホ利用する場合は充電器に接続しながらのプレイなど、バッテリーに負荷をかける使い方が多くなりがちですよね。

バッテリー劣化も含め、ゲームプレイメインのスマホ利用では2年ごとの買い替えが賢い選択と言えるでしょう。

カメラやディスプレイ性能を重視する場合も2年で買い替えが正解

カメラ性能やディスプレイ性能を重視する場合も2年ごとの買い替えを推奨します。

特にカメラ性能においては毎年スマホメーカーが特に力を入れているポイントです。

  • マクロ撮影・超広角撮影ができるか
  • F値が低く暗所の撮影に向いているか
  • 手振れ補正がしっかりしているか

などスマホのカメラ性能に求められる水準は年々上がっているため、2年の差があればカメラ機能は格段に向上します。

「子供の写真や風景写真をたくさん撮りたい!」という方であればよりきれいに撮影したいですよね。

また、ディスプレイ性能においては単純な解像度だけでなく「リフレッシュレート」も重要な項目の一つでしょう。

リフレッシュレートとは?

1秒間にディスプレイが何回画面を書き換えられるかを示す数値のこと

  • 単位はHz(ヘルツ)
  • 数値が高ければヌルヌル・スムーズに動く
  • 数値が低ければ画面がカクつく

スムーズに動けばゲームプレイや日常利用も快適

一般的なスマホではリフレッシュレートが60Hzであることがほとんどです。

最近では120Hz対応のスマホが増えてきましたが、以前はリフレッシュレートが60Hzのスマホがほとんどでした。

例えばiPhoneでは2021年発売の13 Pro/Pro MAXからようやく120Hzに対応。

ここ数年のスマホ機能の向上ペースを考えるといずれほとんどのスマホで120Hzに、さらにハイエンドモデルではそれ以上に対応していくことが予想されます。

個人的にはリフレッシュレートが高いスマホを一度使うと60Hzではカクカクしすぎて使えなくなるほど中毒性があると感じます。

また、最近ではディスプレイに有機ELを採用しているスマホが増えたため、画面の焼き付きにも注意が必要です。

焼き付きは使用年数には影響されませんが長く使えばそれだけ焼き付きのリスクも増えます。

2年ごとに買い替えておけば焼き付きの心配もなく、常にきれいな画面でスマホを利用できますよ

結論として、カメラ機能やディスプレイにこだわる場合は2年ごとにスマホを買い替えましょう。

スマホを2年で買い替えるのはお得なのか?

結局2年ごとの買い替えはお得なの?」という声が聞こえてきそうなので、以下の2パターンで2年ごとの買い替えが本当にお得なのかを検証します。

スマホを2年で買い替えるのはお得なのか?
  • スマホの購入プログラムを使う場合
  • 乗り換えキャンペーンを使う場合

スマホの購入プログラムを使う場合

まずはスマホを「2年ごとに買い替える」もしくは「長期的に利用すべきか」

最終的にどちらがお得なのかをシミュレーションしていきます。

  • キャリアは楽天モバイル
  • 購入方法⇒iPhoneアップグレードプログラム利用
  • 購入機種⇒iPhone13/128GB(108,900円)
  • 2年後はiPhone14/128GB(120,910円)に機種変更

今回は上記のパターンでシミュレーションします。

キャンペーンによるポイント還元はいれず、あくまでiPhoneアップグレードプログラムによる残債免除のみ・プラン料金は含めず機種代金のみで計算しています。

利用期間アップグレードプログラム
利用で2年後に買い替え
iPhone13をそのまま利用
1年目の負担額27,216円27,216円
2年目の負担額27,216円27,216円
3年目の負担額30,216円27,216円
4年目の負担額30,216円27,252円
トータルの支払金額120,864円108,900円
参照元:楽天モバイル公式サイト

今回のシミュレーションでは、購入プログラムを利用した場合と同じ機種を利用し続けた場合では4年間のトータル支払金額差は約1万円といった結果に。

機種変更前と機種変更後の端末に価格差が大きければそれだけ負担額も前後しますが、スマホは長期的に利用すればお得!という訳ではなさそうです。

もちろん4年以降も同じスマホを使い続ければ、単純に機種代金が0になるので常に2年で買い替えるよりもお得です。

ただし故障のリスクもあるため「とにかく使い続ける」方法は完全に自己責任です。

むしろ2年ごとに購入プログラムで買い替えた方が常に新しいスマホを使えるため、リスクヘッジとしても合理的ではないでしょうか。

乗り換えキャンペーンを使う場合

購入プログラムを利用せずに

  • 乗り換えキャンペーンを使って2年で買い替える場合
  • 同じスマホをそのまま利用し続ける場合

ではどちらがお得でしょうか。

正直なところ、トータル的な支払いの観点で見たお得度で言えば同じスマホをそのまま利用していた方が支出も抑えられます

「新しいスマホを安く購入できた」というお得感の場合は購入する機種のキャンペーンによって大きく変わるでしょう。

例えば2年後に乗り換えキャンペーンで買い替えた機種が1円スマホであれば同じスマホをそのまま利用するよりも断然お得だと感じますよね。

結論として買い替え対象のスマホが安い・もしくは高額ポイント還元で実質的に1円といった場合は乗り換えキャンペーンを使ってスマホを買い替えてもいいでしょう。

1円・もしくは限りなく1円に近い金額でスマホを購入できる方法は以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてください。

楽天モバイル 2月のお得情報

・2023年2月14日まで、楽天モバイルに乗り換え&iPhone12購入で32,000円お得!複雑な条件なし!

2月の楽天モバイルは激アツ!

ついにiPhone14が値下げ。乗り換え&iPhone14購入で32,000円相当を還元、実質88,800円で購入可能!

しかも2年返却はなし、純粋な値下げAppleストア価格よりも2万円以上安いです!

その他、Androidスマホも大幅値下げ。人気の「Reno9 A」や「Xperia 10 Ⅴ」が1万円以上安くなり、もちろん12,000ポイント還元もありますよ!

スマホの機種変更が安い時期

次にスマホの機種変更が安く購入できる時期を3つ解説します。

スマホの機種変更が安い時期
  • iPhoneは新型発表後の9月以降に旧モデルが安くなる
  • 3月〜4月はスマホが安い
  • 年末商戦がある12月もお得

2年ごとの買い替えがお得なのはわかったけど買い替え時期はいつなの?」という方は是非参考にしてください。

iPhoneは新型発表後の9月以降に旧モデルが安くなる

iPhoneは毎年9月に新型が発表されることが定番となっています。

そのため旧モデルが在庫処分として販売価格が下がる可能性が高い9月~11月がiPhoneをお得に購入できる時期の一つです。

例えばApple StoreオンラインではiPhone14が発売された2022年9月16日に合わせて、iPhone13や12を同年9月に値下げしています。

また、販売価格に変化はない場合も新作に合わせて旧モデルがキャンペーンで限定特価になるといったこともあります。

正直なところ一世代前のiPhoneでもカメラ機能やスペックに余程こだわりがない限りは十分に使える性能を保有しています。

お得にiPhoneを購入したい方は新作発表後の旧型iPhoneを狙ってみましょう。

3月〜4月はスマホが安い

新学期・新生活シーズンである3月~4月もスマホがお得に購入できる時期です。

春先は家電製品と同様、スマホがお得に購入できる定番シーズンなので、なんとなく「スマホは春がお得」と知っている方も多いのではないでしょうか。

引っ越し需要も高まり、学割シーズンでもあるため「3月~4月がスマホを最も安く購入できるシーズン」と言っても過言ではありません。

とはいえここ最近は時期関係なくスマホ関連のセールが実施されているため、実は3月~4月まで待つ必要はありません。

また、現在は家電量販店などの一括1円セールなどはほぼ開催されていないので、春になってもそこまでお得なキャンペーンがない可能性も。

結論として春まで待たずともオンラインショップ等でお得にスマホが購入できるため、好きな時期に購入しても問題ないでしょう。

年末商戦がある12月もお得

スマホを安く購入する場合、年末商戦がある12月も狙い目です。

理由としては単純に年末なので各キャリアや販売店が商品を売り切りたいからといったものです。年末同様、年明けも新年のセールが開催されています。

ここまでお話してなんとなく察しがつくかもしれませんが、スマホは年がら年中何かと理由をつけてセールを開催しています。

最終的な結論としてはお得な時期は確かにあるものの、いつ購入しても何かしらセールがあると考えていいでしょう。

もちろん、セールは期間限定かつ何も割引がない時期もあるため、定期的にオンラインショップなどをチェックすることをおすすめします。

スマホの買い替えはどこがお得?

最後にスマホをお得に買い替えできるおすすめの契約先を紹介します。

機種変更が安い時期を解説しましたが、お得に買い替えをするのであれば最も重要となるポイントが「どこで買い替えすればいいのか」ということ。

スマホの買い替えはどこがお得?
  • 各キャリアのオンラインショップがおすすめ
  • iPhoneの買い替えは楽天モバイルがお得
  • 乗り換え前提ならワイモバイルやIIJmioもあり

あまり選択肢を出しても困惑してしまうと思うので、今回はシンプルに3つの選択肢に絞ってお伝えしていきます。

各キャリアのオンラインショップがおすすめ

スマホをお得に買い替えるのであれば各キャリアのオンラインショップが断然おすすめです。

オンラインショップは以下の理由からお得にスマホを買い替えできます。

オンラインショップがおすすめな理由
  • 事務手数料が発生しない(auは3,850円発生します
  • 好きな場所・タイミングで契約できる
  • オンライン限定のキャンペーンを実施している

また、現在では総務省が施行している電気通信事業法に基づき、回線契約を伴わない白ロム(端末のみ)購入ができる点もおすすめポイントです。

例えば端末だけ各キャリアのオンラインショップで購入して、SIMカードは格安SIMで通信するといった運用もできます。

ドコモオンラインショップでは白ロムのみでもお得なキャンペーンが実施されています。

以下の記事でも解説していますので、気になる方は参考にしてください。

iPhoneの買い替えは楽天モバイルがお得

iPhoneに買い替える場合は楽天モバイル一択です。

楽天モバイルではiPhoneの販売価格が4大キャリア中最安値に設定されており、Apple Store並みの料金となっています。

楽天モバイル公式サイトでもiPhoneが安いことを前面に売り出していますし、実際他社と比較しても価格差は歴然です。

iPhone販売元iPhone14/128GB
Apple Store119,800円
楽天モバイル120,910円
ドコモ138,930円
au140,640円
ソフトバンク140,400円
参照元:楽天モバイル公式サイト

また、購入プログラムである「iPhoneアップグレードプログラム」を利用することで最新のiPhoneでも実質半額購入が可能です。

出典元:楽天モバイル公式サイト

もちろんiPhoneアップグレードプログラムを利用した白ロム購入もOKです。

iPhone関連のキャンペーンも豊富であり、最大14,000ポイントが還元される「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」などが開催されています。

iPhoneを買い替える方はまず楽天モバイルをチェックしてみましょう。

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

乗り換え前提ならワイモバイルやIIJmioもあり

端末のみ購入ではなく、通信会社ごと乗り換えるのであればワイモバイルやIIJmioといった選択肢もおすすめです。

  • ワイモバイルは家族割適用で3GB:990円~
  • IIJmioは2GB:850円、5GB:990円~

とコスパ抜群なので大手キャリアを利用している方であれば通信費もお得にできる可能性大です。

どちらも乗り換えや新規契約でスマホがお得に買い替えできるキャンペーンを頻繁に開催しています。

特にIIJmioは端末特価キャンペーンが有名で、ワンコインで購入できるスマホも販売されているなど買い替えにはもってこいの格安SIMです。

ワイモバイルやIIJmioのキャンペーンは下記の記事でも解説しています。

まとめ|スマホの買い替えタイミングは2年が正解

本記事では、スマホのベストな買い替えタイミングは2年であることを解説しました。結論としては次のとおりです。

スマホの買い替えは2年ごとが正解な理由
  • キャリアの購入プログラムを使えば2年で買い替えた方が料金的に安い
  • 購入プログラム前提なら2年がお得
  • スマホは基本的にいつでもセールがある

多くの人にとって、少なくともキャリアの購入プログラムがお得な2023年現在では2年ごとの買い替えがベストタイミングと言えるでしょう。

使用用途や購入プログラムを考えた場合、結果的に2年で買い替えた方が新しいスマホをリスク回避しながら使えるという結論に至ったわけです。

  • 消費者動向調査(2023年3月分)」にもあったように4年以上スマホを使う
  • 新機能やディスプレイ性能にいこだわるので2年ごとに最新のスマホに買い替える

上記はどちらも正解です。ただし「もしスマホが急に壊れてデータが消えた…」といったケースもあるように、困りたくない場合は2年ごとの買い替えがおすすめです。

常に新しいスマホであれば急な故障のリスクは2年以上使ったスマホに比べれば軽減しますからね。

本記事を参考に、あなたに合ったスマホの買い替え時期を見つけてください。

各スマホキャリアのオンラインショップ&目玉機種

ドコモはXperia 1 Ⅳが66,000円割引!しかも機種変更&端末のみ購入も対象

ドコモオンラインショップ|公式ページ

https://onlineshop.smt.docomo.ne.jp

auオンラインショップはPixel 8が最大26,000円相当還元!

auオンラインショップ|公式

https://onlineshop.au.com/

ソフトバンクオンラインショップは乗り換えで最大21,984円割引!iPhone15も対象!

ソフトバンクオンラインショップ|公式

https://www.softbank.jp/online-shop/

楽天モバイルはiPhoneの本体価格が4キャリアで最安値!

楽天モバイル 3月のお得情報

・2023年3月14日まで、楽天モバイルに乗り換え&iPhone購入で33,000円お得!複雑な条件なし!
・さらにXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

3月の楽天モバイルは激アツ!

なんとSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元の過去最高クラスにお得なキャンペーンが開始!

さらにiPhoneが全モデル値下げ!乗り換え&iPhone購入で33,000円相当を還元、最新iPhone15も対象で実質32,880円から購入可能!

AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で、なんと一括32,360円!Xperia10シリーズの最新機種がこの価格は非常にお得です!!

しかも2年返却はなし、純粋な値下げAppleストア価格よりも2万円以上安いです!

緊急!楽天モバイルがiPhone全機種値下げ中

楽天モバイルのiPhoneシリーズが全て値下げ!最新iPhone15&15 Proも対象!
乗り換え&購入で20,000円割引&13,000ポイント還元!複雑な条件なし!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!
・AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
auエリアのプラチナバンド獲得で電波状況も大幅に改善!
・電話かけ放題&データ無制限で月額3,278円!余計なオプション一切不要

2023年2月は楽天モバイルが超還元を開催で最もお得です! iPhone全機種が33,000円分還元、SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

さらに「Xperia10Ⅴ26,930円値引き(一括32,360円)」「Galaxy A23 5G 20,000値引き(一括6,400円)」など、Android勢にも嬉しいスマホ投げ売り祭りが開催中。

最強プランの提供開始でauエリアのプラチナバンドを獲得し、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

さらに、ギガを使わない月は自動的に安くなります。20GBまでなら1,100円安くなって2,178円、3GBまでならなんと月額1,078円まで値下げされます!

ギガをたくさん使う人も、あまり使わない人も、iPhoneがお得に欲しい人も楽天モバイルがお得です!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

終了間近のキャンペーンを見逃すな!

スマホのキャンペーンは3~4月が最もお得です。キャリア各社のキャンペーンが激化する中、なんとワイモバイルで「他社から乗り換えで最大26,000PayPayポイント還元」という破格のキャンペーンが開始されました!

たとえば家族4人で乗り換えれば、合計最大104,000ポイントもの大量還元。過去1年間で一番お得なキャンペーンなので、乗り換えを検討中の人はこの機会を見逃さないようにしましょう!

Tact

毎年3~4月は、スマホのキャンペーンが最もお得な時期乗り換えは今がベストタイミングですよ!

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

・終了間近のキャンペーン
楽天モバイルにSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元!(3/14まで)
楽天モバイルでiPhone全モデル値下げ!さらに33,000円分還元!Android5機種も大幅値下げ(3/14まで)
ahamoの特設サイトエントリー&乗り換えで10,000ポイント還元!(近日終了?)
povoの対象トッピング購入&乗り換えで最大10,000円分のauPAY残高還元!(不定期)
ワイモバイルのSIMのみ乗り換え還元PayPayポイントが26,000ポイントに増額!(3/31まで)
IIJmioでGOGOセール開催中!110円スマホが購入できる期間限定キャンペーン!(3/31まで)
楽天モバイルでOPPO Reno9 Aが緊急で20,000円値引き!一括20,700円(3/31まで)

・最新の投げ売りスマホ情報
・12月27日、規制開始後の1円スマホキャンペーンまとめ記事はここをタップ
楽天モバイルでiPhone15が実質32,880円!大幅値下げ&33,000円相当還元開催中
auオンラインショップでiPhone15が44,000円割引!
・auでGoogle Pixel 8が実質47円、Pixel 7aは一括25,500円
・auでXiaomi 13Tが実質7,900円、一括43,000円!
・ワイモバイルでOPPO Reno9 Aが一括13,400円
auUQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone12が一括21,000円!(在庫残りわずか)
au&UQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone13が一括48,000円!(在庫残りわずか)
ソフトバンクでiPhone14とPixel 8が実質1円(13ヶ月目で返却した場合)
auでGalaxy S22が乗り換え実質47円、機種変更16,547円(24ヶ月目に返却した場合)
ワイモバイルで認定中古品iPhone12が一括33,800円!

2024年3月に入り、終了間近のキャンペーンが多く出てきています!総務省の割引規制が12月27日に行われ、さらにahamoの10,000ポイント還元ワイモバイル26,000ポイント還元など、多くのキャンペーンが近日中に終了します!

Tact

3月はスマホキャリアもお得な特典が満載。特にiPhone15関連は活気があり楽天モバイルの17,000円値下げ&33,000円還元auの44,000円割引など破格の値下げ合戦が開催中です!3月はスマホが最もお得な時期なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

管理・運営

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン」という日本最大級の約3,000人が登録する建築家ネットワークを展開するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社が運営しています。建築とは切っても切り離せない「通信」に関して分かりやすくお客様に情報をお届けできるようASJ LIVINGのサイト更新を行っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

家電量販店にて大手スマホキャリアの販売を5年経験。販売の中でより良いサービスをもっと多くの人に伝えていきたいと感じWEBライターへ。接客では伝えきれなかった「あなたにぴったりな通信サービス」を、誰にでもわかる文章でお伝えします。大手キャリアから格安SIMまで幅広く利用してきたため、実体験に基づいた執筆が得意です。