MENU
楽天モバイルは4キャリアでiPhone15が最安値!
iPhone 15iPhone 15 Pro
ドコモ149,490円192,060円
au145,640円185,850円
ソフトバンク145,440円185,760円
楽天モバイル140,800円179,800円

楽天モバイルはiPhone15が最安値!iPhoneを使うなら楽天モバイルがおすすめ
・楽天モバイル初めて申し込み&対象iPhone下取りでさらに19,000ポイント還元
・データ無制限で3,278円!最強プラン開始でエリアも万全に

2023年9月現在、最もおすすめの格安SIMは楽天モバイル! 最強プランの提供開始に伴い、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

LINEMO
LINEMO LINEMO

LINEMOは20GBプラン2,970円、3GBプラン990円の2種類を用意。20GBプランは実質6ヶ月無料、3GBプランは実質12ヶ月無料と他社の追随を許さない圧倒的な月額無料キャンペーンが魅力です!0円運用できるスマホプランが根絶された中、少しでも安くスマホを持ちたいならLINEMOで決まり。都心でつながりにくいahamoにくらべて電波状況も良好です!

【5社に厳選】本当に使える格安スマホランキング!格安スマホはどこがいい?

当ページでは広告を利用した商品のご紹介が含まれていますが、これは当サイト内の各サービスの評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。
緊急!楽天モバイルがiPhone全機種値下げ中

楽天モバイルのiPhoneシリーズが全て値下げ!最新iPhone15&15 Proも対象!
乗り換え&購入で20,000円割引&13,000ポイント還元!複雑な条件なし!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!
・AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
auエリアのプラチナバンド獲得で電波状況も大幅に改善!
・電話かけ放題&データ無制限で月額3,278円!余計なオプション一切不要

2023年2月は楽天モバイルが超還元を開催で最もお得です! iPhone全機種が33,000円分還元、SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

さらに「Xperia10Ⅴ26,930円値引き(一括32,360円)」「Galaxy A23 5G 20,000値引き(一括6,400円)」など、Android勢にも嬉しいスマホ投げ売り祭りが開催中。

最強プランの提供開始でauエリアのプラチナバンドを獲得し、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

さらに、ギガを使わない月は自動的に安くなります。20GBまでなら1,100円安くなって2,178円、3GBまでならなんと月額1,078円まで値下げされます!

ギガをたくさん使う人も、あまり使わない人も、iPhoneがお得に欲しい人も楽天モバイルがお得です!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

終了間近のキャンペーンを見逃すな!

スマホのキャンペーンは3~4月が最もお得です。キャリア各社のキャンペーンが激化する中、なんとワイモバイルで「他社から乗り換えで最大26,000PayPayポイント還元」という破格のキャンペーンが開始されました!

たとえば家族4人で乗り換えれば、合計最大104,000ポイントもの大量還元。過去1年間で一番お得なキャンペーンなので、乗り換えを検討中の人はこの機会を見逃さないようにしましょう!

Tact

毎年3~4月は、スマホのキャンペーンが最もお得な時期乗り換えは今がベストタイミングですよ!

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

・終了間近のキャンペーン
楽天モバイルにSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元!(3/14まで)
楽天モバイルでiPhone全モデル値下げ!さらに33,000円分還元!Android5機種も大幅値下げ(3/14まで)
ahamoの特設サイトエントリー&乗り換えで10,000ポイント還元!(近日終了?)
povoの対象トッピング購入&乗り換えで最大10,000円分のauPAY残高還元!(不定期)
ワイモバイルのSIMのみ乗り換え還元PayPayポイントが26,000ポイントに増額!(3/31まで)
IIJmioでGOGOセール開催中!110円スマホが購入できる期間限定キャンペーン!(3/31まで)
楽天モバイルでOPPO Reno9 Aが緊急で20,000円値引き!一括20,700円(3/31まで)

・最新の投げ売りスマホ情報
・12月27日、規制開始後の1円スマホキャンペーンまとめ記事はここをタップ
楽天モバイルでiPhone15が実質32,880円!大幅値下げ&33,000円相当還元開催中
auオンラインショップでiPhone15が44,000円割引!
・auでGoogle Pixel 8が実質47円、Pixel 7aは一括25,500円
・auでXiaomi 13Tが実質7,900円、一括43,000円!
・ワイモバイルでOPPO Reno9 Aが一括13,400円
auUQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone12が一括21,000円!(在庫残りわずか)
au&UQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone13が一括48,000円!(在庫残りわずか)
ソフトバンクでiPhone14とPixel 8が実質1円(13ヶ月目で返却した場合)
auでGalaxy S22が乗り換え実質47円、機種変更16,547円(24ヶ月目に返却した場合)
ワイモバイルで認定中古品iPhone12が一括33,800円!

2024年3月に入り、終了間近のキャンペーンが多く出てきています!総務省の割引規制が12月27日に行われ、さらにahamoの10,000ポイント還元ワイモバイル26,000ポイント還元など、多くのキャンペーンが近日中に終了します!

Tact

3月はスマホキャリアもお得な特典が満載。特にiPhone15関連は活気があり楽天モバイルの17,000円値下げ&33,000円還元auの44,000円割引など破格の値下げ合戦が開催中です!3月はスマホが最もお得な時期なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

本記事では、本当に使える格安スマホ・使えない格安スマホをランキング形式で詳しく解説していきます!

あずき

格安スマホは種類が多く、いったいどこを契約したら良いのかが非常にわかりづらい状況です・・・。

結論から申し上げると、プランが複雑で選びにくかったり、大手キャリアとほぼ同額料金の格安スマホは契約する意味がありません。

そういった点を踏まえつつ、当記事では本当に使える格安スマホを5社に厳選しました!

本当に使える格安スマホ5社厳選
スクロールできます
格安スマホ特徴月額料金

楽天モバイル公式サイト
月額料金が安い
プランがシンプル
電話もかけ放題
〜3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円

ワイモバイル公式サイト
サポートが充実
電波がつながりやすい
割引がないとやや割高
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
※割引適用時

IIjmio公式サイト
月額料金が安い
ピークタイム以外はつながりやすい
朝・昼は電波が悪
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円

povo公式サイト
長期利用前提なら安く使える
電波がつながりやすい
申し込み難易度がやや高め
データ追加180GB:22,800円
(有効期限365日)

LINEMO公式サイト
シンプルなプラン設計
キャンペーンがお得
3GBと20GBの中間プランがない
3GB:990円
20GB:2,728円
使える格安スマホ一覧

コスパがよくて初心者でも使いやすい格安スマホをリストアップしてご紹介しつつ、逆に「使えないスマホを選ぶべきではない理由」も含めて詳しく解説しています。

結局のところ、どこへ申し込むべきか迷っている人は「楽天モバイル」が一番おすすめです。

楽天モバイルは初心者向けの格安スマホと言っても過言ではないほどに使い勝手が良く、安い料金でスマホを使うことができますよ。

本記事では楽天モバイルの詳細についても詳しく解説しているので、最後までお読みいただくことで「使えるスマホを選ぶべき理由」がわかります。

ぜひ参考にしていただき、あなたにぴったりな格安スマホを契約してくださいね!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

結論|本当に使える格安スマホランキング1位は楽天モバイル

出典:楽天モバイル

結論、本当に使える格安スマホランキング1位は楽天モバイル!

楽天モバイルの料金プラン設計は非常にわかりやすく、大手キャリアよりも安く使える点が魅力的。

使い勝手も非常に良いので、格安スマホ初心者の人はまず「楽天モバイル」の契約がおすすめです。

以下では楽天モバイルの概要について解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

結論|本当に使える格安スマホランキング1位は楽天モバイル
  • 楽天モバイルは大手キャリアの半額以下
  • 楽天モバイルはデータ3GB以下から無制限まで自動計算
  • 楽天モバイルは電話がかけ放題
  • 楽天モバイルは楽天回線エリア外でもOK
  • 楽天モバイルは機種そのままで乗り換えられる

楽天モバイルは大手キャリアの半額以下

格安スマホの楽天モバイルなら、大手キャリアの半額以下でスマホを利用することができます。

楽天モバイルと大手キャリア3社の月額料金を表にまとめ、どれくらい料金の差があるのかを見てみましょう。

スクロールできます
データ量楽天モバイルドコモauソフトバンク
3GB1,078円2,167円5,665円5,478円
20GB2,178円7,315円7,238円7,425円
無制限3,278円7,315円7,238円7,425円
楽天モバイルと大手キャリア3社の比較

大手キャリアは各種割引の適用がないとかなり割高ですが、楽天モバイルには家族割やインターネットとのセット割がないので、誰が契約しても上記の月額料金で使えます。

続いて、大手キャリアで割引をフル適用したケースと比較してみましょう!

スクロールできます
データ量楽天モバイルドコモauソフトバンク
3GB1,078円880円3,278円3,278円
20GB2,178円4,928円4,928円4,928円
無制限3,278円4,928円4,928円4,928円
楽天モバイルと大手キャリア3社の比較(割引あり)

大手キャリアの月額料金が若干安くなったものの、楽天モバイルの方が毎月1,650円〜2,750円安く、年間で19,800円〜33,000円も出費が浮く計算です。

ドコモは3GBプランのみ割引適用で安く利用できますが、データ量が不足して追加購入することになれば結局損をすることに・・・。

楽天モバイルに乗り換えるだけで1人あたり2万円以上の出費が浮くとなれば、乗り換えない理由はないと言って良いほど。

あずき

楽天モバイルなら大手キャリアのように複雑な条件もなく、シンプルに大手キャリアの半額以下でスマホを利用することができますよ!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

楽天モバイルはデータ3GB以下から無制限まで自動計算

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは段階性のワンプランのみ提供しており、データ3GB以下から無制限まで自動計算されます。

データ消費量が多い月はやや料金がアップしますが、あまり使わなかった月は勝手に安くなる仕組みです。

一方、多くの格安スマホは10GB前後の小容量プランがほとんど。

もしデータ量を多めに契約すれば余分に支払うお金がもったいないですし、かと言って少なめに契約すれば速度制限のストレスを感じることになるでしょう。

その点、楽天モバイルは3GB月額1,078円と安く使えて、たっぷりデータ量を使ったとしても月額が3,278円以上になることはありません。

あずき

勝手に計算してくれるので「このデータ量なら足りるかな」などを考える必要もなく、毎月自由にスマホを使うことができますよ!

結論、プラン選びのわずらわしさ無しで格安スマホを利用したい人は、楽天モバイルの申し込みが最適です!

楽天モバイルは電話がかけ放題

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは国内通話がかけ放題!追加料金0円で、現在使っている電話番号のまま他社スマホや固定電話へ無料で電話をかけることができます。

今やLINEでの通話が主流になりつつありますが、スマホを持っていない人への電話や固定電話への発信はどうしても料金がかかりますよね。

その点、楽天モバイルなら専用の「Rakuten Link」アプリから発信するだけで国内通話かけ放題!他社キャリアのように追加料金はかからないので、気軽に通話を利用することができるでしょう。

あずき

むしろ今通話オプションに加入している人は、楽天モバイルのに乗り換えることでオプション代を浮かせることができますよ。

ただし、ナビダイヤル(0570)や一部特番(118)などへの発信は無料通話の対象外となりますのでご注意ください。

楽天モバイルは楽天回線エリア外でもOK

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは楽天回線エリア外でもOK!楽天モバイルでは、以下2種類の電波を利用しています。

  • 楽天基地局の電波を使う「楽天回線エリア」
  • パートナー(au)基地局の電波を使う「パートナー回線エリア」

つまり楽天回線エリア外で使う場合は自動的にパートナー回線に切り替わるため、楽天回線エリア外でスマホが圏外になることもありません。

また、パートナー回線との組み合わせにより日本全国の人口カバー率はなんと99.9%!大手キャリアの中で一番数値が高く、多くの地域で高品質な通信を利用できると評価されています。

「どこにいても快適にスマホを利用したい」のであれば、自社回線+パートナー回線により日本全国でスマホが使える楽天モバイルの利用が最適です。

楽天モバイルは機種そのままで乗り換えられる

出典:楽天モバイル

楽天モバイルは機種そのままで乗り換えることができるため、楽天モバイルで機種を買わなくてもOK!

中のSIMカードを差し替えるだけで、楽天モバイルの安い料金プランでスマホを利用することができますよ。

なお、楽天モバイルはSIMカード・eSIMの2種類に対応しています。それぞれのメリット・デメリットを以下にまとめましたので、どちらで申し込むべきか迷った際の参考にしてください!

SIMタイプメリットデメリット
SIMカードSIMカードを差し替えるだけの簡単手続き
機種変更もスムーズに行える
SIMカードが自宅に届くまで数日待つ必要がある
一部機種はSIMロック解除手続きが必要
※2022年10月以前に発売された機種
eSIM最短3分で開通可能
SIMカードの差し替え作業がいらない
eSIM対応機種を用意する必要がある
開通手続きの難易度がやや高め
SIMタイプ別メリット・デメリット

eSIMなら即日開通することができますが、開通手続きの難易度がやや高め。初心者の人は手続きが簡単なSIMカードでの申し込みがおすすめです。

上記以外の詳しい内容は、下のボタンから公式サイトでご確認ください!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

どこがいい?本当に使える格安スマホランキングの基準

続いて、本当に使える格安スマホランキングの基準について解説していきます。

実際のところ「何をもってして使える格安スマホと評価しているのか」と疑問に思う人もいるでしょう。

結論、当記事では大前提として大手キャリアよりも料金が安く、初心者の人が申し込んでも後悔する可能性が低い格安スマホを高く評価しています。

「格安だけど電波が全くつながらない」「料金プランが複雑で自分に合ったプランを見つけられない」といった格安スマホは契約する意味がありません。

以下ではより詳しく格安スマホを評価する基準について解説していきますので、あなたが格安スマホを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

どこがいい?本当に使える格安スマホランキングの基準
  • 月額料金が安い格安スマホ
  • 初心者でも損をしない格安スマホ
  • 料金プランがシンプルな格安スマホ
  • 特定の時間に速度が遅くならない格安スマホ
  • どんな人におすすめなのかがわかる格安スマホ

月額料金が安い格安スマホ

結論、格安スマホはそのままで安くなければわざわざ乗り換える意味がありません。

格安スマホは、店舗や電話サポートなど「あなたにとって不要なサービス」を省いて通信面に特化することで安くサービスを提供しています。

つまり、格安スマホはある程度の通信品質は保ったまま安い料金でスマホを使えることに存在意義があるのです。

むしろ、大手キャリアと比べてあまり安くない格安スマホを契約したいと思うでしょうか?

つまり月額料金の安さは格安スマホを選ぶ上で絶対外せないものだと考え、月額料金が安い格安スマホは高く評価しています!

初心者でも損をしない格安スマホ

罠がなく、初心者でも損をしない格安スマホは高く評価しています。

大前提として、罠がある=料金プランに虚偽の記載があるということではありません!

たとえば毎月のデータ使用量に合わせて自動計算してくれたり、速度制限されたとしてもそれなりにスマホが使えるものは初心者にもわかりやすく、損をすることがないため高く評価しています。

もし「安いから」という理由だけで格安SIMを契約した場合、データ量が足りなければ追加購入する羽目になり、かえって費用がかかる可能性があるのです。

また、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリーオプション」のような「使い放題ではあるもののかなりの低画質でまともに動画視聴ができない」というプラン自体に罠があるものも減点対象としています。

料金プランがシンプルな格安スマホ

料金プランがシンプルでわかり安い格安スマホは高く評価しています。

3GB・5GB・10GBと様々なプランから選べる点も魅力のひとつですが、あなたにとって「どのプランが一番最適か」がわからない人も多いのではないでしょうか。

いちいち自分でプランを選ぶよりも「料金プランはこれだけです!」の方がわかりやすいですよね。

また、時期や環境の変化によってデータ量の使い方が変わる点にも注意が必要です。

たとえば、今まで3GBで十分足りていた人が引越しや進学などによりデータ消費量が増えた場合、データ追加購入やプランの変更が必要になります。

あずき

お金も手間もかかりますし、また「どれくらいあれば足りるのか」がわからないので、プラン選びも面倒です・・・。

その点、楽天モバイルは無制限で利用することができますが、3GB・20GBにも閾値が設けられています。

出典:楽天モバイル

ひとつの料金プランで小容量〜大容量までカバーすることができれば、たくさん使うようになってもいちいちプラン変更する手間がかかりません。

そのため、シンプルでわかりやすい料金プランを提供している格安スマホを高く評価しています!

特定の時間に速度が遅くならない格安スマホ

特定の時間に速度が遅くならない格安スマホも、使えるスマホとして評価しています。

とはいえ、どの回線であっても多くの人がアクセスする時間帯・場所で電波がつながりづらくなることはあります。

ただし「電波がつながりづらい状態が頻繁に起きる」「どうやっても毎日遅い」という格安スマホは減点対象とし、ランキングに反映しています。

どんな人におすすめなのかがわかる格安スマホ

使えるスマホ=万人におすすめな料金プランということが大切ですが、人それぞれ「これが必要だけ」「これはいらない」というものがありますよね。

結論、他の人には向いていなくてもあなたには向いている、という格安スマホならば高く評価しています。

一例として、3つの目的別におすすめの格安スマホを見てみましょう。

目的別おすすめの格安スマホ
  • 無制限プランを安く使いたい:楽天モバイル
  • データ量はいらない・多少遅くても良いから安く使いたい:IIJmio
  • 最安にこだわらない・店頭サポートがあった方がいい:ワイモバイル

目的別に格安スマホをおすすめすることはできるものの、スマホを使うすべての人にとってNo.1であることは難しいです。

そのため、当記事ではキャリアより安いことを大前提にしつつ「こういう人はこの格安スマホがおすすめ」と断言できるポイントがある格安スマホを高く評価しています。

逆にある程度安いけれどもっと品質の良い格安スマホがある場合は、結局一番におすすめすることができないためあまり評価していません。

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

本当に使える格安スマホランキング厳選5社

続いて、本当に使える格安スマホランキング厳選5社をご紹介します!

本当に使える格安スマホ5社厳選
スクロールできます
格安スマホ特徴月額料金

楽天モバイル公式サイト
月額料金が安い
プランがシンプル
電話もかけ放題
〜3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円

ワイモバイル公式サイト
サポートが充実
電波がつながりやすい
割引がないとやや割高
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
※割引適用時

IIjmio公式サイト
月額料金が安い
ピークタイム以外はつながりやすい
朝・昼は電波が悪
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円

povo公式サイト
長期利用前提なら安く使える
電波がつながりやすい
申し込み難易度がやや高め
データ追加180GB:22,800円
(有効期限365日)

LINEMO公式サイト
シンプルなプラン設計
キャンペーンがお得
3GBと20GBの中間プランがない
3GB:990円
20GB:2,728円
使える格安スマホ一覧

前項で紹介した格安スマホランキングの基準を踏まえ、万人に満足されやすい格安スマホをランキング形式で解説していきます。

お得なキャンペーン情報も合わせて紹介しているので、格安スマホの利用を検討している人はぜひ参考にしてください!

本当に使える格安スマホランキング厳選5社
  • 1位|楽天モバイル
  • 2位|ワイモバイル
  • 3位|IIJmio
  • 4位|povo
  • 5位|LINEMO

1位|楽天モバイル

出典:楽天モバイル
項目内容
月額料金〜3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円
上記データで毎月自動計算
通話料金国内通話かけ放題
利用回線楽天回線/パートナー回線(au)
実測速度
出典:みんそく
85.45Mbps
データ追加購入
サポート店舗・電話・チャット
事務手数料0円
主なキャンペーン乗り換えと同時のiPhone購入で最大22,000ポイント
SIMのみ乗り換えで6,000ポイント
楽天モバイルの概要
楽天モバイルの特徴
  • ワンプランで3GB〜無制限まで使える
  • 段階制で料金が安い
  • 国内通話もかけ放題
  • キャンペーンがお得

使える格安スマホランキングの1位は、楽天モバイル!「迷ったら楽天モバイルを申し込んでおけばOK」と言えるほど、全体的に評価が高いです。

これまで楽天モバイルの弱点は「大手3社よりも電波がつながりづらいところ」でしたが、最強プランの提供開始でかなり電波状況も改善されていますよ!

ただし、楽天モバイルは以下のポイントに注意が必要です。

  • 地下・オフィスビルの高層階など特殊な場所で電波が弱い
  • 電話での操作サポートやふらっと店舗に寄って相談できない

楽天モバイルの実店舗や電話窓口はあるものの、大手キャリアのような充実したサポートを受けることはできません。

あずき

サポートに関しては、キャリアのオンライン専用プランに近い印象です。

また、楽天モバイルはプラチナバンドを獲得したことにより劇的な電波改善が期待されています。つまり、楽天モバイルは今が申し込みの大チャンス!

お得なキャンペーンも開催しているので、格安スマホへ乗り換えで後悔したくない人は断然楽天モバイルの申し込みがおすすめですよ。


楽天モバイル
・データ無制限3,278円は大手キャリアの半額以下!
iPhone販売価格が4キャリア最安値
・さらに最大32,000円分楽天ポイン還元
楽天モバイル|公式

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

2位|ワイモバイル

出典:ワイモバイル
項目内容
月額料金4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
※おうち割・PayPayカード割の適用が必要
通話料金22円/30秒
利用回線ソフトバンク回線
実測速度
出典:みんそく
98.33Mbps
データ追加購入0.5GB:550円
サポート店舗・電話・チャット
事務手数料3,850円
オンライン申し込みは0円
主なキャンペーンSIMのみ乗り換えで最大23,000ポイント
ワイモバイルの概要
ワイモバイルの特徴
  • 実店舗が多く店頭サポートが受けやすい
  • ソフトバンク直回線なのでつながりやすく速度が速い
  • キャンペーン還元がお得すぎる

ワイモバイルは実店舗が多く、チャットサポートではなく店頭サポートを必要としている人におすすめです。

ソフトバンクが直接運営しているため、高品質な回線を利用することができますよ。

特に楽天モバイルの弱点である「地下」でも電波がつながるので、電波がつながりやすく、対面サポートが必要な人はワイモバイルの申し込みが最適解です。

ただし、ワイモバイルはワイモバイルはサポートが充実しているぶん、他社のような破格の料金でスマホを利用することはできません。

安く使うためには割引のフル適用が必要となるため「最安でなくともしっかりとしたサポート体制のある格安スマホを使いたい人」にぴったりです。


ワイモバイル
・家族割適用で3GB 990円
最大26,000円分PayPayポイント還元
ソフトバンク直回線格安SIMよりサクサクつながる
ワイモバイル|公式

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

3位|IIJmio

出典:IIJmio
項目内容
月額料金2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
通話料金11円/30秒
利用回線ドコモ/au
実測速度
出典:みんそく
47.95Mbps
データ追加購入1GB:220円
サポート電話・チャット
事務手数料3,300円+SIMカード発行手数料(220円〜466円)
主なキャンペーン他社から乗り換えでスマホが110円〜
IIJmioの概要
IIjmioの評価ポイント
  • とにかく料金が安い!業界最安値の料金プラン
  • MVNOの中では全体的に通信速度が安定している

IIJmioはシンプルに料金が安く、とにかくスマホ代を抑えたいと考える人におすすめ。

たとえば、格安スマホの3GBプランは割引をフル適用してやっと月額990円まで安くなりますが、IIJmioは複雑な条件なしで2GB月額850円からスマホが使えます。

複雑な条件なしで最安値で利用したいのであれば、IIJmioの申し込みが最適解だと言えるでしょう。

大手キャリアの回線を借りて運営しているMVNOではあるものの、全体的に通信速度が安定している点も魅力的です。

ただし昼の時間帯(12〜13時)は極端に通信速度が低下する傾向にあるため、電波状況が不安な人は「ワイモバイル」の利用がおすすめです。


IIJmio
・2GBで月額850円!最安値クラスの料金
税込500円から購入可!端末特価セール実施中
速度で選ぶ格安SIMならIIJmioがおすすめ!
IIJmio|公式

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

4位|povo

出典:povo
項目内容
月額料金データ追加180GB:22,800円
(有効期限365日)
通話料金22円/30秒
利用回線au回線
実測速度
出典:みんそく
103.01Mbps
データ追加購入1GB390円
サポートチャット
事務手数料0円
主なキャンペーン
povoの概要
povoの評価ポイント
  • データまとめ買いすると15GB1,900円で使える
  • au直回線なので通信品質は抜群!

povoはデータまとめ買いでお得に利用できる上、auの高品質な回線で利用できる点が魅力的です。

「トッピング」という特殊な販売をしているため、1年分のデータ量をまとめて買うと1ヶ月あたり15GBを1,900円で使うことができます。

1ヶ月のデータトッピングはそこまで安くありませんが、データ量を1年分先払いして今後1年はトッピングせずにうまく運用することでスマホ代を抑えることができますよ。

あずき

もし足りなくなったら24時間データ使い放題(330円)か1GBデータトッピング(390円/7日間)の購入がおすすめ!

自分でどのように使っているか把握する必要はあるものの、長期的に使ってスマホ代を安くしたい人はpovoの利用がおすすめです!

povo|公式

povoの最新キャンペーン情報

5位|LINEMO

出典:LINEMO
項目内容
月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
通話料金22円/30秒
利用回線ソフトバンク回線
実測速度
出典:みんそく
73.45Mbps
データ追加購入1GB:550円
サポートチャット・LINE
事務手数料0円
主なキャンペーンスマホプラン申し込みで最大10,000PayPayポイント還元
ミニプラン最大3ヶ月無料キャンペーン
LINEMOの概要
LINEMOの評価ポイント
  • 3GB・20GBのシンプルなプラン設計
  • ソフトバンク直回線で電波がつながりやすい
  • LINEギガフリー対応
  • お得なキャンペーンを実施している

LINEMOはGB・20GBのシンプルなプラン設計が魅力的!ソフトバンク直回線を利用しているため、安い料金のまま安定した通信速度で利用することができますよ。

LINEギガフリーに対応しているため、LINEの利用でデータ量を消費しません。LINE通話・ビデオ電話も使い放題なので「LINEでしかスマホを使わない」という人に相性抜群の格安スマホです!

あずき

さらにLINEMOは常にお得なキャンペーンを実施しているため、乗り換えと同時にお得な還元をもらいたい人にもおすすめです。

しかし、ミニプランは条件なしで3GB990円とコスパ良く使うことができるものの、スマホプランの月額料金はやや割高です。

キャンペーン特典が目的ではなく、シンプルに毎月20GBを安く使いたい人は楽天モバイルの申し込みがおすすめですよ!


LINEMO
・3GB 990円、20GB 2,970円!無制限がいらないならおすすめNo.1
・ソフトバンク回線でドコモと違い駅や都心でつながりやすい!
3GBは12ヶ月実質無料、20GBも半年実質無料!
LINEMO|公式

LINEMO|公式ページ

>>LINEMOの評判記事

楽天モバイル 2月のお得情報

・2023年2月14日まで、楽天モバイルに乗り換え&iPhone12購入で32,000円お得!複雑な条件なし!

2月の楽天モバイルは激アツ!

ついにiPhone14が値下げ。乗り換え&iPhone14購入で32,000円相当を還元、実質88,800円で購入可能!

しかも2年返却はなし、純粋な値下げAppleストア価格よりも2万円以上安いです!

その他、Androidスマホも大幅値下げ。人気の「Reno9 A」や「Xperia 10 Ⅴ」が1万円以上安くなり、もちろん12,000ポイント還元もありますよ!

使えない格安スマホランキング

続いて、使えない格安スマホランキングを5社に厳選してご紹介します。

まず、以下に記載する「使えない格安スマホランキング」は、ある程度知名度を持っていてユーザーとして検討する価値がある前提です。

あずき

知名度のない格安スマホは入れていません!

決して使えない格安スマホはサービス的に悪い・使うことが悪だと言いたいわけではありません。

しかし、おすすめできる格安スマホと比べて減点ポイントが多く、これから格安スマホを申し込む人に対して「ここをよりも良い格安スマホがある」という観点で選んでいます。

決して以下に挙げている格安スマホが悪いもの・ダメだと伝えたいわけではありませんが、これから格安スマホを申し込む人は検討する人は参考にした上で申し込み先を選んでいただけると幸いです!

使えない格安スマホランキング
  • 1位|ahamo
  • 2位|UQモバイル
  • 3位|BIGLOBEモバイル
  • 4位|mineo
  • 5位|LIBMO

1位|ahamo

出典:ahamo
項目内容
月額料金20GB:2,970円
100GB:4,950円
通話料金5分通話無料
利用回線ドコモ回線
実測速度
出典:みんそく
83.47Mbps
データ追加購入1GB:550円
サポートチャット
事務手数料0円
主なキャンペーン他社から乗り換えで10,000dポイント還元
ahamoの概要

ahamoはシンプルなプラン設計と100GBまで使えるオプションが人気ですが、電波が悪く速度が出ない点が致命的。

大手キャリアより安く利用できるものの、ほぼ毎日朝と昼は電波がつながりませんし、人口密集地(オフィスビル街や駅、通勤途上)で使い物になりません。

現状ahamoを選ぶ余地はないと言っていいほど電波状況が悪いため、ahamoを選ぶくらいなら「ワイモバイル」または「楽天モバイル」を利用するべきです、

あずき

もし昼の時間帯だけは遅くても問題ないのであれば、MVNOの「IIJmio」の利用もおすすめです!

ahamoとワイモバイル・楽天モバイル・IIJmioの料金と通信品質を以下にまとめました。

格安スマホ月額料金通信品質
ahamo20GB:2,970円
100GB:4,950円

朝・昼・人口密集地でほぼつながらない
ワイモバイル4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
※おうち割・PayPayカード割の適用が必要

日本全国でつながりやすい
楽天モバイル〜3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円

地下・建物内はつながりづらい
IIJmio2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円

昼の時間帯はつながりづらい

ahamoよりも高品質な回線を求める人はワイモバイルがおすすめですが、店頭サポートを必要としない人は楽天モバイル・IIJmioがおすすめですよ。

なお、ahamoの電波状況に関しては以下の記事で詳しく解説しています。興味のある人はぜひ合わせてご確認ください。

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

2位|UQモバイル

出典:UQモバイル
項目内容
月額料金4GB:1,078円
1GB〜15GB:990円〜2,178円
20GB:3,278円
通話料金22円/30秒
※30GBプランは5分通話無料
利用回線au回線
実測速度
出典:みんそく
94.22Mbps
データ追加購入1GB:1,100円
サポート店舗・電話・チャット
事務手数料3,850円
主なキャンペーンSIMのみ乗り換えで10,000au PAY残高還元
UQモバイルの概要

UQモバイルのauが直接運営する格安スマホですが、料金プランが複雑で割引条件が多い点が残念ポイント。

以下では、UQモバイルにプラン設計が似ているワイモバイルとUQモバイルを比較してみました。

項目UQモバイルワイモバイル
4GB1,078円1,078円
15GB2,178円2,178円
20GB3,278円2,178円
30GB3,278円
主なキャンペーンSIMのみ乗り換えで10,000au PAY残高還元SIMのみ乗り換えで最大23,000ポイント還元

ワイモバイルにプラン設計やサポート体制が酷似しているものの、UQモバイルは割引をフル適用したとしてもそこまで安くなりません。

4GBプランはいずれも月額1,078円で使えますが、ワイモバイルなら環境の変化によってデータ量が増えた時も安く使うことができますよ。

また、ワイモバイルはキャンペーンでのキャッシュバックが多く、UQモバイルと比べて倍以上の還元をもらうことができます。

つまり、ほぼ同じサービスであれば、安く使えてキャンペーンがお得なワイモバイルを利用した方がお得です。


ワイモバイル
・家族割適用で3GB 990円
最大26,000円分PayPayポイント還元
ソフトバンク直回線格安SIMよりサクサクつながる
ワイモバイル|公式

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

3位|BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル
項目内容
月額料金20GB:2,970円
100GB:4,950円
通話料金5分通話無料
利用回線ドコモ回線
実測速度
出典:みんそく
83.47Mbps
データ追加購入1GB:550円
サポートチャット
事務手数料3,300円+SIMカード準備料433.4円
主なキャンペーンエンタメフリーオプション最大2ヶ月間無料
BIGLOBEモバイルの概要

BIGLOBEモバイルはなんと言っても動画が見放題になる「エンタメフリーオプション」が魅力的ですが、YouTubeは低画質での視聴となります。

昔のスマホの画面が小さく、画質が悪くても気になりませんでしたが。しかし今ではほとんどのスマホの画面が大きく設計されているため、低画質の画像はつぶれて音だけ楽しめるというレベル。

あずき

大きなスマホ画面で画像も楽しみたいなら最低でも標準画質は欲しいところ。

もしYoutubeなどの動画サービスを楽しみたいのであれば、楽天モバイルがおすすめです。

エンタメフリーオプションでは低画質のみでの視聴ですが、楽天モバイルはいつでもどこでも品質を損なわずに動画を視聴できます。品質や快適さも考慮するのであれば、楽天モバイルの利用が最適ですよ!


楽天モバイル
・データ無制限3,278円は大手キャリアの半額以下!
iPhone販売価格が4キャリア最安値
・さらに最大32,000円分楽天ポイン還元
楽天モバイル|公式

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

4位|mineo

出典:mineo
項目内容
月額料金1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
通話料金22円/30秒
利用回線ドコモ/au/ソフトバンク
実測速度
出典:みんそく
42.27Mbps
データ追加購入1GB:550円
サポート電話・メール
事務手数料3,300円+SIMカード発行料330円〜440円
主なキャンペーン
mineoの概要

mineoはファンも多く非常に人気の格安スマホですが、これから格安スマホを契約する人はmineoを契約するメリットがありません。

その理由は、mineoを契約するよりもIIJmioを契約した方が圧倒的に安くスマホを利用することができるためです。

まずはmineoとIIJmioの料金表をご覧ください!

データ量mineoIIJmio
1GB1,298円850円
5GB1,518円990円
10GB1,958円1,500円
15GB2,178円1,800円
20GB2,178円2,000円
mineoとIIJmioの料金表

上記のとおり、どのデータ量で比較した場合もmineoよりIIJmioの方が安くスマホが使えます。

ちなみに、どちらも大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているため、回線が混雑する昼の時間帯(12時〜13時)は極端に速度が低下します。

昼に通信速度が落ちる点が同じなのであれば、より安い格安スマホを選ぶべきです。わざわざ料金の高いmineoを選択せず、シンプルに安い料金で使えるIIJmioへ申し込みましょう!


IIJmio
・2GBで月額850円!最安値クラスの料金
税込500円から購入可!端末特価セール実施中
速度で選ぶ格安SIMならIIJmioがおすすめ!
IIJmio|公式

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

5位|LIBMO

出典:LIBMO
項目内容
月額料金3GB:980円
8GB:1,518円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
通話料金22円/30秒
利用回線ドコモ回線
実測速度
出典:みんそく
17.06Mbps
データ追加購入1GB:330円
サポート電話・チャット
事務手数料3,300円+SIM発行手数料433円
主なキャンペーンスマホ特価セールで実質0円〜
LIBMOの概要

MVNOのひとつである「LIBMO」は月額料金が安いことから注目を浴びていますが、こちらもmineoと同じく今から契約するメリットはありません。

なぜなら、LIBMOはIIJmio並みの価格で使うことはできるものの、全体的に通信速度が遅いからです。

みんそくでは下り速度平均17.06Mbpsを計測しており、昼の時間帯はさらに遅い6.61Mbpsが報告されていました。ただし実測速度はあくまで平均値なので、人口密集地などではさらに速度が低下する可能性があります。

個別に通信速度を見ると、一部の地域では下り0.19Mbpsを計測していました。

あずき

お昼につながりづらいことは許容できても、一日中スマホの動きが悪いのは嫌ですね・・・。

その点、IIJmioは平均47.95Mbpsと必要十分以上の速度で使えます。昼の1時間が弱点ではあるものの、比較的快適にスマホを利用することができるでしょう。

ある程度の通信量で安くスマホを使いたいのであれば、断然IIJmioの利用がおすすめですよ。


IIJmio
・2GBで月額850円!最安値クラスの料金
税込500円から購入可!端末特価セール実施中
速度で選ぶ格安SIMならIIJmioがおすすめ!
IIJmio|公式

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

まとめ|本当に使える格安スマホの中で一番おすすめは「楽天モバイル」

本記事では、本当に使える格安スマホ・使えない格安スマホをランキング形式で詳しく解説しました。

本記事のまとめ
  • どこを申し込むべきか悩んでいる:楽天モバイルを選んでおけば間違いなし!
  • 無制限プランを安く使いたい:楽天モバイル
  • 店舗サポートが必要:ワイモバイル
  • とにかく安く利用したい!:IIJmio
  • キャンペーンでお得に乗り換えたい:ワイモバイル、LINEMO

結論、本当に使える格安スマホの中で一番おすすめは「楽天モバイル」です!

今回紹介した格安スマホの中で一番コスパが良くて使い勝手も良いので、スマホに詳しくない人も損をすることなく、快適に利用することができるでしょう。

ただし店舗サポートが必要な人は「ワイモバイル」の申し込みがおすすめだったりと、格安スマホによって強みが異なる点に注意しておきましょう。

あずき

料金やキャンペーンなど「これだけは譲れない!」と決めているものがあれば、それに合わせた格安スマホを選んでくださいね。

とはいえ、サポート面や地下・屋内での電波状況に不安がない人は楽天モバイル一択です。プラチナバンドの獲得により一層電波状況が改善していくことが期待されているため、今が申し込みの大チャンス!

一番お得な内容で申し込みたい方は、今すぐ下の申し込みボタンから乗り換えを申し込みましょう!

本当に使える格安スマホ5社厳選
スクロールできます
格安スマホ特徴月額料金

楽天モバイル公式サイト
月額料金が安い
プランがシンプル
電話もかけ放題
〜3GB:1,078円
3GB〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円

ワイモバイル公式サイト
サポートが充実
電波がつながりやすい
割引がないとやや割高
4GB:1,078円
20GB:2,178円
30GB:3,278円
※割引適用時

IIjmio公式サイト
月額料金が安い
ピークタイム以外はつながりやすい
朝・昼は電波が悪
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円

povo公式サイト
長期利用前提なら安く使える
電波がつながりやすい
申し込み難易度がやや高め
データ追加180GB:22,800円
(有効期限365日)

LINEMO公式サイト
シンプルなプラン設計
キャンペーンがお得
3GBと20GBの中間プランがない
3GB:990円
20GB:2,728円
使える格安スマホ一覧

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

緊急!楽天モバイルがiPhone全機種値下げ中

楽天モバイルのiPhoneシリーズが全て値下げ!最新iPhone15&15 Proも対象!
乗り換え&購入で20,000円割引&13,000ポイント還元!複雑な条件なし!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!
・AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
auエリアのプラチナバンド獲得で電波状況も大幅に改善!
・電話かけ放題&データ無制限で月額3,278円!余計なオプション一切不要

2023年2月は楽天モバイルが超還元を開催で最もお得です! iPhone全機種が33,000円分還元、SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

さらに「Xperia10Ⅴ26,930円値引き(一括32,360円)」「Galaxy A23 5G 20,000値引き(一括6,400円)」など、Android勢にも嬉しいスマホ投げ売り祭りが開催中。

最強プランの提供開始でauエリアのプラチナバンドを獲得し、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

さらに、ギガを使わない月は自動的に安くなります。20GBまでなら1,100円安くなって2,178円、3GBまでならなんと月額1,078円まで値下げされます!

ギガをたくさん使う人も、あまり使わない人も、iPhoneがお得に欲しい人も楽天モバイルがお得です!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

終了間近のキャンペーンを見逃すな!

スマホのキャンペーンは3~4月が最もお得です。キャリア各社のキャンペーンが激化する中、なんとワイモバイルで「他社から乗り換えで最大26,000PayPayポイント還元」という破格のキャンペーンが開始されました!

たとえば家族4人で乗り換えれば、合計最大104,000ポイントもの大量還元。過去1年間で一番お得なキャンペーンなので、乗り換えを検討中の人はこの機会を見逃さないようにしましょう!

Tact

毎年3~4月は、スマホのキャンペーンが最もお得な時期乗り換えは今がベストタイミングですよ!

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

・終了間近のキャンペーン
楽天モバイルにSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元!(3/14まで)
楽天モバイルでiPhone全モデル値下げ!さらに33,000円分還元!Android5機種も大幅値下げ(3/14まで)
ahamoの特設サイトエントリー&乗り換えで10,000ポイント還元!(近日終了?)
povoの対象トッピング購入&乗り換えで最大10,000円分のauPAY残高還元!(不定期)
ワイモバイルのSIMのみ乗り換え還元PayPayポイントが26,000ポイントに増額!(3/31まで)
IIJmioでGOGOセール開催中!110円スマホが購入できる期間限定キャンペーン!(3/31まで)
楽天モバイルでOPPO Reno9 Aが緊急で20,000円値引き!一括20,700円(3/31まで)

・最新の投げ売りスマホ情報
・12月27日、規制開始後の1円スマホキャンペーンまとめ記事はここをタップ
楽天モバイルでiPhone15が実質32,880円!大幅値下げ&33,000円相当還元開催中
auオンラインショップでiPhone15が44,000円割引!
・auでGoogle Pixel 8が実質47円、Pixel 7aは一括25,500円
・auでXiaomi 13Tが実質7,900円、一括43,000円!
・ワイモバイルでOPPO Reno9 Aが一括13,400円
auUQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone12が一括21,000円!(在庫残りわずか)
au&UQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone13が一括48,000円!(在庫残りわずか)
ソフトバンクでiPhone14とPixel 8が実質1円(13ヶ月目で返却した場合)
auでGalaxy S22が乗り換え実質47円、機種変更16,547円(24ヶ月目に返却した場合)
ワイモバイルで認定中古品iPhone12が一括33,800円!

2024年3月に入り、終了間近のキャンペーンが多く出てきています!総務省の割引規制が12月27日に行われ、さらにahamoの10,000ポイント還元ワイモバイル26,000ポイント還元など、多くのキャンペーンが近日中に終了します!

Tact

3月はスマホキャリアもお得な特典が満載。特にiPhone15関連は活気があり楽天モバイルの17,000円値下げ&33,000円還元auの44,000円割引など破格の値下げ合戦が開催中です!3月はスマホが最もお得な時期なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

管理・運営

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン」という日本最大級の約3,000人が登録する建築家ネットワークを展開するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社が運営しています。建築とは切っても切り離せない「通信」に関して分かりやすくお客様に情報をお届けできるようASJ LIVINGのサイト更新を行っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大手携帯会社の販売員として務めていた経歴があり、現在はさまざまなお役立ち情報を幅広く発信するべくwebライターへ。「今1番あなたが知りたい情報」を、分かりやすくお伝えします!プライベートでは、ワイモバイル、楽天モバイルを愛用中。