MENU

ワイモバイルからPOVOに乗り換える手順!デメリットを消せるタイミングはいつ?

ワイモバイルからPOVO

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えはスマホの月額料金を安くしたい方におすすめですが、自分で手続きができるか不安に思っていませんか?

本記事では乗り換え手順をわかりやすく解説しています。

乗り換えの際に注意したいのがデメリットですが、デメリットを感じさせないベストなタイミングでの乗り換えも解説していますよ。

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えを検討している方は、本記事をぜひ参考にしてみてください。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

目次
  1. ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際のデメリット
    1. Yahoo!プレミアムが無料で利用できなくなる
    2. PayPayポイントが貯まりにくくなる
    3. ワイモバイルで使っていたメールを持ち出すと有料になる
    4. 通信データを翌月に繰り越しできない
    5. 国際ローミングに対応していない
  2. ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際の注意点・確認すべきこと
    1. POVOで使えるスマホか確認する
    2. 手続きやサポートはオンライン専用
    3. データ容量が0GBになると速度制限がかかる
  3. ワイモバイルからPOVOへの乗り換え手順まとめ
    1. MNP予約番号を取得する
    2. 申し込みに必要なものを事前に準備をする
    3. 本人情報の入力をする
    4. SIM開通手続きをする
    5. APNの設定
  4. ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際のメリット
    1. 180日間0円で利用できる
    2. 7日間データ使い放題で楽しめる
    3. ギガ活で通信費が節約できる
    4. データ容量や通話プランを「トッピング」できる
    5. au回線で快適に通信できる
  5. ワイモバイルからPOVOへの乗り換えをおすすめする人の特徴
    1. サブ回線として利用したい人
    2. データ通信量を自分で選択したい人
  6. ワイモバイルからPOVOへの乗り換えはいつがベストタイミング?
  7. ワイモバイルからPOVOへの乗り換えで使えるお得なキャンペーン
    1. Google ストア限定 povo2.0キャンペーン!
  8. ワイモバイルからPOVOへの乗り換えに関するよくある質問
    1. POVOに家族割はある?
    2. 何歳から契約できる?
    3. POVOにキャリアメールはある?
  9. ワイモバイルからPOVOへの乗り換えまとめ

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際のデメリット

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際の5つのデメリットを見ていきます。

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際のデメリット
  • Yahoo!プレミアムが無料で利用できなくなる
  • PayPayポイントが貯まりにくくなる
  • ワイモバイルで使っていたメールを持ち出すと有料になる
  • 通信データを翌月に繰り越しできない
  • 国際ローミングに対応していない

乗り換え前にデメリットをチェックしておくと、乗り換え後に「こんなはずではなかった」と後悔する可能性が低くなりますので、以下の内容をぜひ参考にしてみてください。

Yahoo!プレミアムが無料で利用できなくなる

Yahoo!プレミアム

ワイモバイルからPOVOへ乗り換えると、ワイモバイルの時に無料で利用できていたYahoo!プレミアムが有料になります。

Yahoo!プレミアムは月額508円の有料サービスで、以下のようなサービスが利用できます。

  • 雑誌110誌以上が読み放題
  • クーポンが豊富
  • ネットでの買い物ポイントがいつでも2倍になる

ただしYahoo!ショッピングをあまり利用しない方や、Yahoo!プレミアムについてくるサービスを利用しない方は、有料になってもデメリットを感じることはありません。

PayPayポイントが貯まりにくくなる

ワイモバイルを解約すると、PayPayポイントが貯まりにくくなります。

ワイモバイルは時期によってPayPayポイント還元のキャンペーンを行っており、特典を利用するとPayPayポイントが貯まりやすいです。

POVOに乗り換えると特典の利用はできません

元々PayPayポイントを貯めようとしていなかった方には、デメリットにはなりませんね。

ワイモバイルで使っていたメールを持ち出すと有料になる

ワイモバイルには2つのメール「@ymobile.ne.jp」「@yahoo.ne.jp」があり、ワイモバイルを利用している時はいずれも無料で利用できます。

ワイモバイルからPOVOへ乗り換えるとキャリアメールアドレスが使えなくなり、引き続き利用する場合は有料になります。

1メールアドレスごと:3,300円/年

ワイモバイルでは無料で利用していたメールが、乗り換えによって有料になるのは納得できない方もいると思います。

メールアドレスを2つとも継続利用する場合、年間6,600円も必要です。

高いお金を払ってまでメールを利用したくない方には、フリーメールがおすすめです。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールは無料で利用できますよ。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

通信データを翌月に繰り越しできない

通信データを翌月に繰り越し

ワイモバイルはデータ容量が余れば翌月へ繰り越しができます。

例えばワイモバイルで月間データ容量が15GBのプランを契約していて5GBしか使わなかった場合、余った10GBは翌月に繰り越しになり、翌月は15GB+10GBの計25GBまで利用できます。

一方POVOは使用したい分だけデータを購入する制度になっているため、データ繰り越しサービスがありません。

無駄になるデータ容量はないので、繰り越しサービスがなくても問題ないですね。

国際ローミングに対応していない

ワイモバイルは日本で利用していた端末を海外でも利用できます。

POVOはワイモバイルと違い海外ローミング非対応のため、手持ちのスマホを海外で使えません。

海外へ行く予定がない方には、POVOが海外非対応でも関係ありませんね。

POVO公式サイト「POVOサポート」によると時期は未定ですが、今後海外での通話やデータ通信(国際ローミング)に対応する予定があります。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際の注意点・確認すべきこと

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際の注意点・確認すべき3つのことを見ていきます。

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際の注意点
  • POVOで使えるスマホか確認する
  • 手続きやサポートはオンライン専用
  • データ容量が0GBになると速度制限がかかる

POVOで使えるスマホか確認する

現在利用している端末を乗り換え後もPOVOで利用する場合、問題なく利用できるか事前に確認しましょう。

SIMフリーまたはSIMロックを解除した端末が必要です。

端末が対応しているかは「対応端末(動作確認端末)」で確認できます。

手続きやサポートはオンライン専用

POVOには店舗サポートがないため、各種手続きやサポートなどはオンラインで行います。

電話にも対応していないのでご注意ください。

各種問い合わせに対してはチャットでのサポートです。

データ容量が0GBになると速度制限がかかる

POVOは基本料金0円(データ容量0GB)で利用可能です。

しかしデータ容量が0GBでは速度制限がかかり、最大128kbpsとなるためご注意ください。

128kbpsは動作がかなり遅いため、快適なインターネットの利用は難しいです。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへの乗り換え手順まとめ

ワイモバイルからPOVOへの乗り換え手順を見ていきます。乗り換えは以下の流れで行います。

ワイモバイルからPOVOへの乗り換え手順
  1. MNP予約番号を取得する
  2. 申し込みに必要なものを事前に準備をする
  3. 本人情報の入力をする
  4. SIM開通手続きをする
  5. APNの設定

それでは手順を説明していきます。

MNP予約番号を取得する

契約中の携帯電話会社からMNP予約番号を取得すれば、現在の電話番号のままPOVOに乗り換えが可能です。

MNP予約番号の取得ができるのはMy Y!mobileや電話、ワイモバイルショップです。

WEBの手順を見ていきます。

WEBの手順
  1. My Y!mobile」にログインする
  2. 契約プラン→各種手続き→他社への乗り換えを順番に選択
  3. MNP予約番号取得

受付時間: 0:00~24:00(年中無休)

電話の場合、携帯電話と固定電話によってかける番号が異なります。

電話の手順
  • ワイモバイルの携帯電話から:116(通話料無料)
  • 他社の携帯電話、固定電話などから:0120-921-156(通話料無料)

受付時間:9:00 ~20:00(年中無休)

申し込みに必要なものを事前に準備をする

申込前に準備しておくものは以下の3つです。

申込前に準備しておくもの
  • 本人確認書類を準備する
  • クレジットカードを準備する
  • メールアドレスを準備する

本人確認書類を準備する

利用できる本人確認書類は以下の3つです。

利用できる本人確認書類
  • 運転免許証(公安委員会発行のもの)
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 在留カード

保険証は使えないので注意してください。

クレジットカードを準備する

POVOの支払い方法はクレジットカードのみです。

利用できるクレジットカードはこちらから確認してください。

メールアドレスを準備する

キャリアメールは利用できないので、キャリアメール以外のメールアドレスを準備しておきます。

本人情報の入力をする

パソコンからは申し込みできないため、アプリをダウンロードします。

手順は以下の通りです。

本人情報入力の流れ
  1. Google Play・App Storeで「Povo2.0」と検索しダウンロード
  2. 紐づけるメールアドレスを登録
  3. 画面に従って必要事項を入力(SIM/契約タイプの選択、クレジットカード情報の入力など)
  4. 登録したアドレスにメールが届く
  5. 「本人確認を行う」ボタンを押す

SIM開通手続きをする

SIMカードを受け取ったら開通手続きを行います。

SIM開通手続きの流れ
  1. SIMカードの有効化を実施(「SIMカード有効化」→「バーコードをスキャン」→カメラでバーコード読み取る→「有効化する」→完了)
  2. SIMカードを端末に取り付け電源を入れる

APNの設定

iPhoneを最新のOSへアップデートするとAPN設定は必要ありません。

最新のOSへのアップデートは以下の通りです。

最新のOSへのアップデートの方法
  1. 「設定」を選択する
  2. 「一般」を押す
  3. 「ソフトウェア・アップデート」を押す
  4. ダウンロードを押して完了

Androidスマホの場合、APN設定が必要です。

こちらを参考に手続きを進めてください。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際のメリット

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際の5つのメリットを見ていきます。

ワイモバイルからPOVOへ乗り換える際のメリット
  • 180日間0円で利用できる
  • 7日間データ使い放題で楽しめる
  • ギガ活で通信費が節約できる
  • データ容量や通話プランを「トッピング」できる
  • au回線で快適に通信できる

詳しくみていきましょう。

180日間0円で利用できる

180日間0円で利用できる

POVOは基本料金0円で利用できます。

データ容量を追加するなどトッピングをしない限り0円で利用できるため、サブ回線にも最適です。

基本料金0円では最大送受信128kbpsの低速での通信になりますが、国内通話30秒あたり22円の電話も利用できます。

POVO公式サイト「POVOサポート」にあるように、180日間トッピングを購入しない場合、利用停止または契約解除になることがあります。

しかし6カ月間に1度データ容量を追加すれば、契約解除を防げますよ。

7日間データ使い放題で楽しめる

7日間データ使い放題

POVOへ新規加入した方限定で7日間データ使い放題で楽しめます。

期間は2022年9月13日(火)〜2022年10月16日(日)です。

期間内に「povo2.0」に新規契約しSIMの有効化を行えば、データ使い放題ボーナス(7日間)のプロモコードが登録メールあてに届きます。

コードの有効期限は登録メールが届いてから2か月間のため、ご注意ください。

ギガ活で通信費が節約できる

ギガ活で通信費節約

POVOでは対象店舗でau PAYを使った支払いをすると、データ容量がもらえる「#ギガ活」を実施しています。

事前にエントリーし、対象店舗でau PAY決済を行うとデータ容量がもらえるコードが配布され、そのコードを登録するとデータ容量が追加される仕組みです。

対象店舗を紹介します。

  • ローソン
  • 餃子の王将
  • すき家
  • 日高屋
  • ドトールなど

詳しくはこちらからぜひチェックしてみてください。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

データ容量や通話プランを「トッピング」できる

基本料金0円で利用

POVOは、データ容量や通話プランを自分の利用状況に合わせて組み合わせられます。

トッピングは以下の通りです。

トッピングの種類 内容
データトッピング
  • データ使い放題(24時間)330円
  • データ追加1GB(7日間)390円
  • データ追加3GB(30日間)990円
  • データ追加20GB(30日間)2,700円
  • データ追加60GB(90日間)6,490円
  • データ追加150GB(180日間)12,980円
コンテンツトッピング
  • DAZN使い放題パック(7日間)760円
  • smash.使い放題パック(24時間)220円
通話トッピング
  • 5分以内通話かけ放題550円/月
  • 通話かけ放題1,650円/月
サポートトッピング スマホ故障サポート830円/月

必要なものだけデータ・通話をトッピングできるため、ムダがありませんよ。

POVOは、スマホの利用料金を安く済ませたい方におすすめです。

au回線で快適に通信できる

POVOはauと同じau回線を利用しており、人口カバー率は99.9%です。

au回線は日本各地ほとんどのエリアで対応しているため登山道や世界遺産、キャンプ場、地下鉄や大型商業施設でも問題なく利用できます。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えをおすすめする人の特徴

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えをおすすめする人の特徴を見ていきます。

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えがおすすめな人
  • サブ回線として利用したい人
  • データ通信量を自分で選択したい人

サブ回線として利用したい人

POVOは基本料金0円で利用できるため、サブ回線におすすめです。

必要な時だけデータ容量や通話オプションを追加できるので、通信費の節約にもなりますよ。

データ通信量を自分で選択したい人

POVOはデータ容量を自分で自由に追加できます。

データ容量に使用期限はありますが、利用状況に合わせて選択すればいいのでムダがありません。

快適なデータ通信が行えますね。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えはいつがベストタイミング?

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えのベストタイミングは月末です。

ワイモバイルは解約月の日割り計算がありません。通常通り満額請求されるので、月末ギリギリまでサービスを利用し、ワイモバイルで契約しているデータ容量を使い果たすと良いです。

POVO基本料金0円なので、データの追加やオプション利用がなければ余計な支出はありません。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えで使えるお得なキャンペーン

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えで使えるお得なキャンペーンを紹介します。

POVOで2022年10月現在実施しているキャンペーンは以下の通りです。

Povo乗り換えキャンペーン(2022年11月現在)
キャンペーン名 キャンペーン詳細
Google ストア限定 povo2.0キャンペーン! Google ストアでスマホなどの対象商品を購入すると、povo2.0新規契約時に使えるキャンペーンコードをプレゼント
条件などの詳細:Povo公式サイト

Google ストア限定 povo2.0キャンペーン!

Google ストア限定 povo2.0キャンペーン

Google ストアでスマホなどの対象商品を購入すると、povo2.0新規契約時に使えるキャンペーンコードがプレゼントされるキャンペーンです。

2022年7月28日(木曜日)から始まっており、2023年1月31日(火曜日)23:59に終了します。

Google ストアに限られますが、スマホやイヤホンなど対象商品を購入しキャンペーンコードを入力すると、データ追加3GB(30日間)がもらえます。

対象商品を一部紹介します。

スマートフォン
  • Google Pixel 6a
  • Google Pixel 6 Pro
  • Google Pixel 6
イヤホン
  • Google Pixel Buds Pro
  • Google Pixel Buds A-Series
スマートウォッチ
  • Fitbit Sense
  • Fitbit Versa
スマートホーム
  • Google Nest Audio
  • Google Nest Mini

キャンペーンを上手に利用するとデータ容量を追加できるので、通信費の節約にもつながりますよ。

詳しくはこちらから

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えに関するよくある質問

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えに関するよくある3つの質問を見ていきます。

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えに関するよくある質問
  • POVOに家族割はある?
  • 何歳から契約できる?
  • POVOにキャリアメールはある?

POVOに家族割はある?

POVOに家族割はありません

何歳から契約できる?

POVOは13歳から契約できます。

ただし未成年が契約する際には、親権者の同意が必要です。

POVOにキャリアメールはある?

POVOにキャリアメールはありません。乗り換え時にキャリアの「メール持ち運び」サービスを利用すると、有料で引き継ぎできます。

料金を支払うのが嫌な方は、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールの利用をおすすめします。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えまとめ

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えをおすすめするのは以下のような特徴がある人です。

乗り換えをおすすめする人 特徴
サブ回線として利用したい人 POVOは基本料金0円で利用できる
データ通信量を自分で選択したい人 データ容量を自分で必要な分だけ追加できる

以下に、ワイモバイルからPOVOへ乗り換える場合のメリットとデメリットをまとめています。

ワイモバイルからPOVOへ乗り換えるメリット
  • 180日間0円で利用できる
  • 7日間データ使い放題で楽しめる
  • ギガ活で通信費が節約できる
  • データ容量や通話プランを「トッピング」
  • au回線で快適に通信できる
ワイモバイルからPOVOへ乗り換えるデメリット
  • Yahoo!プレミアムが無料で利用できなくなる
  • PayPayポイントが貯まりにくくなる
  • ワイモバイルで使っていたメールを持ち出すと有料になる
  • 通信データを翌月に繰り越しできない
  • 国際ローミングに対応していない

POVOには基本料金0円で利用できる特徴があり、最大180日間は基本料金0円で利用できるのでサブ回線にもおすすめです。

データ容量や通話オプションなど、自分の利用状況に合わせて必要な分だけ選択できるので、通信費の節約にもなりますよ。

ワイモバイルからPOVOへの乗り換えに利用できるお得なキャンペーンもあるので、乗り換えを検討している方はPOVOの公式ページをぜひチェックしてみてください。

お得にギガ活!

POVO|公式サイト

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!