MENU
楽天モバイルは4キャリアでiPhone15が最安値!
iPhone 15iPhone 15 Pro
ドコモ149,490円192,060円
au145,640円185,850円
ソフトバンク145,440円185,760円
楽天モバイル140,800円179,800円

楽天モバイルはiPhone15が最安値!iPhoneを使うなら楽天モバイルがおすすめ
・楽天モバイル初めて申し込み&対象iPhone下取りでさらに19,000ポイント還元
・データ無制限で3,278円!最強プラン開始でエリアも万全に

2023年9月現在、最もおすすめの格安SIMは楽天モバイル! 最強プランの提供開始に伴い、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

LINEMO
LINEMO LINEMO

LINEMOは20GBプラン2,970円、3GBプラン990円の2種類を用意。20GBプランは実質6ヶ月無料、3GBプランは実質12ヶ月無料と他社の追随を許さない圧倒的な月額無料キャンペーンが魅力です!0円運用できるスマホプランが根絶された中、少しでも安くスマホを持ちたいならLINEMOで決まり。都心でつながりにくいahamoにくらべて電波状況も良好です!

IIJmioのeSIM対応プランを徹底解説!音声通話プランも対応

当ページでは広告を利用した商品のご紹介が含まれていますが、これは当サイト内の各サービスの評価、ランキング等に影響を及びすものではありません。
緊急!楽天モバイルがiPhone全機種値下げ中

楽天モバイルのiPhoneシリーズが全て値下げ!最新iPhone15&15 Proも対象!
乗り換え&購入で20,000円割引&13,000ポイント還元!複雑な条件なし!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!
・AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
auエリアのプラチナバンド獲得で電波状況も大幅に改善!
・電話かけ放題&データ無制限で月額3,278円!余計なオプション一切不要

2023年2月は楽天モバイルが超還元を開催で最もお得です! iPhone全機種が33,000円分還元、SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

さらに「Xperia10Ⅴ26,930円値引き(一括32,360円)」「Galaxy A23 5G 20,000値引き(一括6,400円)」など、Android勢にも嬉しいスマホ投げ売り祭りが開催中。

最強プランの提供開始でauエリアのプラチナバンドを獲得し、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

さらに、ギガを使わない月は自動的に安くなります。20GBまでなら1,100円安くなって2,178円、3GBまでならなんと月額1,078円まで値下げされます!

ギガをたくさん使う人も、あまり使わない人も、iPhoneがお得に欲しい人も楽天モバイルがお得です!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

終了間近のキャンペーンを見逃すな!

スマホのキャンペーンは3~4月が最もお得です。キャリア各社のキャンペーンが激化する中、なんとワイモバイルで「他社から乗り換えで最大26,000PayPayポイント還元」という破格のキャンペーンが開始されました!

たとえば家族4人で乗り換えれば、合計最大104,000ポイントもの大量還元。過去1年間で一番お得なキャンペーンなので、乗り換えを検討中の人はこの機会を見逃さないようにしましょう!

Tact

毎年3~4月は、スマホのキャンペーンが最もお得な時期乗り換えは今がベストタイミングですよ!

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

・終了間近のキャンペーン
楽天モバイルにSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元!(3/14まで)
楽天モバイルでiPhone全モデル値下げ!さらに33,000円分還元!Android5機種も大幅値下げ(3/14まで)
ahamoの特設サイトエントリー&乗り換えで10,000ポイント還元!(近日終了?)
povoの対象トッピング購入&乗り換えで最大10,000円分のauPAY残高還元!(不定期)
ワイモバイルのSIMのみ乗り換え還元PayPayポイントが26,000ポイントに増額!(3/31まで)
IIJmioでGOGOセール開催中!110円スマホが購入できる期間限定キャンペーン!(3/31まで)
楽天モバイルでOPPO Reno9 Aが緊急で20,000円値引き!一括20,700円(3/31まで)

・最新の投げ売りスマホ情報
・12月27日、規制開始後の1円スマホキャンペーンまとめ記事はここをタップ
楽天モバイルでiPhone15が実質32,880円!大幅値下げ&33,000円相当還元開催中
auオンラインショップでiPhone15が44,000円割引!
・auでGoogle Pixel 8が実質47円、Pixel 7aは一括25,500円
・auでXiaomi 13Tが実質7,900円、一括43,000円!
・ワイモバイルでOPPO Reno9 Aが一括13,400円
auUQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone12が一括21,000円!(在庫残りわずか)
au&UQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone13が一括48,000円!(在庫残りわずか)
ソフトバンクでiPhone14とPixel 8が実質1円(13ヶ月目で返却した場合)
auでGalaxy S22が乗り換え実質47円、機種変更16,547円(24ヶ月目に返却した場合)
ワイモバイルで認定中古品iPhone12が一括33,800円!

2024年3月に入り、終了間近のキャンペーンが多く出てきています!総務省の割引規制が12月27日に行われ、さらにahamoの10,000ポイント還元ワイモバイル26,000ポイント還元など、多くのキャンペーンが近日中に終了します!

Tact

3月はスマホキャリアもお得な特典が満載。特にiPhone15関連は活気があり楽天モバイルの17,000円値下げ&33,000円還元auの44,000円割引など破格の値下げ合戦が開催中です!3月はスマホが最もお得な時期なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

本記事ではIIJmioのeSIM対応プランを徹底解説します。

突然ですが、IIJmioのeSIM対応プランについて詳しく知りたくありませんか?

IIJmioでは物理SIMカードを必要としない「eSIM」がデータプラン・音声通話プランともに利用できます。ただ、申込を検討している方の中には次のような疑問点も出てきますよね。

IIJmioのeSIM対応プランについての疑問点
  • 物理SIMのプランと比較してどんな仕様なのか
  • 申込・初期設定はかんたんにできるのか

IIJmioのeSIMはオンラインで完結、即日使えるのですぐにネットを使いたい方におすすめです。しかしメリット・デメリットを把握しないまま申込すれば契約後に「物理SIMの方がよかったかも」と後悔する可能性も。

本記事を読むことでIIJmioのeSIMプラン概要・申込~初期設定まで詳しく理解できます。

また、eSIMを契約することでどんなメリット・デメリットがあるのかがわかるので申込を検討している方は参考にしてください!


IIJmio
・2GBで月額850円!最安値クラスの料金
税込500円から購入可!端末特価セール実施中
速度で選ぶ格安SIMならIIJmioがおすすめ!
IIJmio|公式

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

IIJmioはeSIMに対応!プランを解説

出典元:IIJmio公式サイト

IIJmioは物理SIMだけでなく、eSIMにも対応しています。

eSIMはデジタルSIMとも呼ばれ、スマホ本体に内蔵されたチップに契約情報を書き込むだけで通信ができます。

物理SIMと違い「形がない」ので次のようなメリットがあります。

eSIMのメリット
  • SIMカードが届くのを待つ必要なく契約後すぐに使える
  • SIMカードの破損・紛失の心配がない
  • eSIM対応スマホならデュアルSIM運用ができる

IIJmioでeSIMを利用できるプランは以下の3つです。

IIJmioのeSIMを解説
  • eSIM対応の音声通話プラン
  • eSIM対応のデータプラン
  • eSIM専用!データプランゼロ

それぞれのプランを見ていきましょう。

eSIM対応の音声通話プラン

まずはeSIM対応の音声通話プランを解説します。

データ容量 月額料金
2GB 850円
4GB 990円
8GB 1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円

料金は物理SIMのギガプランと同様で、2GB:850円から使えます。

基本的な仕様は物理SIMの場合と変わりませんが、eSIM対応の音声通話プランはau回線だけなので注意しましょう。

また、音声通話だけでなく以下の機能が使えます。

eSIMの音声通話プランでできること
  • 5G・4G通信(au回線)
  • 通話
  • SMS
  • テザリング

基本仕様をまとめたので、確認してみましょう。

スクロールできます
比較項目 eSIM対応の音声通話プラン
提供回線 タイプA(au回線)
SIMプロファイル 1枚
データ容量 2GB/4GB/8GB/15GB/20GB
データ超過時の通信速度 最大300Kbps
直近3日間の速度規制 直近3日間で366MB超過時*
高速データON/OFF My IIJmioから切り替え可能
*低速通信時(データ超過時含む)

料金面と同様、物理SIMの音声通話プランと仕様は変わりません。

また、データシェア機能・プレゼント機能等も利用可能なので同一mioID内であればデータを分け合い無駄のない使い方ができます。

音声通話プランなのでメイン回線としてeSIMを使いたい方におすすめのプランです。

eSIM対応のデータプラン

次にeSIM対応のデータプランを解説します。

eSIMの音声通話プランではau回線のみでしたが、データeSIMの場合はドコモ回線のみが使えます。また、5G通信には非対応です。

音声通話プランとの違いは以下のとおりです。

eSIMのデータプランでできること
  • 4G通信(ドコモ回線)
  • テザリング

月額料金はギガプランの中でも最安値で、2GB:440円から使えます。

スクロールできます
データ容量 月額料金
2GB 440円
4GB 660円
8GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

ドコモの4G回線しか使えないというデメリットはありますが、20GB:1,650円は他社と比べても最安級です。

他社格安SIMとデータのみのeSIM料金を比較してみましょう。

比較回線 低容量 大容量
IIJmio 2GB:440円 20GB:1,650円
HISモバイル 1GB:440円 20GB:2,080円
BIC SIM 2GB:440円 20GB:1,650円
mineo 1GB:880円 20GB:1,925円
リンクスメイト 2GB:418円 20GB:2,618円

上記を見てわかるように、IIJmioのeSIMデータプランは格安SIMの中でも安価で使えます。

スマホだけでなくeSIMに対応しているタブレットやPCにも使えるため、

  • 外出先でPCを使いたい
  • 通勤・通学途中にタブレットで動画を見たい

といった方にもぴったりです。

eSIM専用!データプランゼロ

出典元:IIJmio公式サイト

IIJmioにはeSIM専用プラン「データプランゼロ」があります。

データプランゼロは基本料金165円からと非常に低価格。使いたい分だけのデータをチャージして使う仕組みとなっています。

データチャージしなければネットは使えませんが、使わない月は165円で回線を維持できるためサブ回線として最適なプランです。

データプランゼロでできること
  • 4G・3G通信(ドコモ回線)

追加データ料金は以下のとおりです。

追加データ容量 追加料金
1GB 330円
2GB~10GB 1GBあたり495円

1GBのみであれば330円ですが、2GB以降は1GBあたり495円でデータが購入できます。

1GB~10GBまでデータ購入した場合の月額料金をシミュレーションしてみましょう。

追加データ容量 月額料金
1GB 495円
2GB 990円
3GB 1,485円
4GB 1,980円
5GB 2,475円
6GB 2,970円
7GB 3,465円
8GB 3,960円
9GB 4,455円
10GB 4,950円

ギガプランと比較すると料金は割高ですが、データプランゼロの最大の強みは「基本料金が165円」であることです。

そのため、データプランゼロは次のような人におすすめです。

データプランゼロがおすすめな人
  • データをまったく使わない月がある人
  • 月によって使うデータに変動がある人
  • 緊急時用にサブ回線を持っておきたい人

必要な分のデータをチャージして使えるので「いきなり出張になって行先でネット環境がない…」といった急な場面にも対応できます。

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

IIJmioでeSIMを使うメリット

IIJmioでeSIMを使うメリットを3つ紹介します。

IIJmioでeSIMを使うメリット
  • メリット1|SIMカードの到着を待たず即日使える
  • メリット2|iPhoneでデュアルSIM運用ができる
  • メリット3|eSIM専用プランが使える

それぞれ見ていきましょう。

メリット1|SIMカードの到着を待たず即日使える

物理SIMの場合、契約後SIMカードが自宅に届くまで待つ必要があります。

IIJmioのSIM発送日は?

本人確認完了後、最短3日~4日

そのため、申し込みをしてから実際に通信サービスを利用できるまでに長いと1週間近くかかることも

しかしeSIMであれば契約後、すぐに使えるので最短即日利用が可能です。

すぐにIIJmioの通信サービスを利用したい場合はeSIMで契約しましょう。

メリット2|iPhoneでデュアルSIM運用ができる

iPhoneでは2018年に発売されたXSシリーズからeSIMに対応しています。

そのため

  • eSIM+物理SIM
  • eSIM+eSIM(iPhone13シリーズから)

といった使い方ができます。

デュアルSIM運用では以下のようなメリットがあります。

デュアルSIM運用のメリット

リスクヘッジとして

  • 一方の回線で通信障害が起きてもサブ回線でネット・電話が使える
  • 通信速度が遅い場合、サブ回線と比較して速い方を選べる

データ不足対策として

  • サブ回線とあわせて使うことでデータの絶対量が上がる
  • 片方が速度制限になってもサブ回線を使えば高速通信ができる

スマホの使い分けとして

  • 1つのスマホで電話番号を使い分けできる
  • 2回線分の料金がお得に使える

IIJmioの音声SIM(4GB):990円+音声eSIM(2GB):850円=2回線で1,700円/月~など

特に通信障害が起きた場合に、デュアルSIMの恩恵を強く感じられるでしょう。

実際私はauやソフトバンクの通信障害を経験したことがありますが、家族と連絡が取れず困った思い出があります。

障害が起き圏外になるとネットだけでなく電話も使えません。

そんな時にサブ回線として別の回線を使えれば緊急時でも安心ですよね。

以下の口コミにもあるように、1つのスマホで2つの回線が使えることは通信障害が乱発しているこのご時世では必要不可欠かもしれません。

https://twitter.com/te6hg/status/1627370290639679489?s=20

デュアルSIM運用はiPhoneだけでなく、Androidでも可能です。

ただiPhoneに比べてeSIM対応のAndroidスマホはまだまだ少ないので、今後のeSIM普及に期待しましょう。

メリット3|eSIM専用プランが使える

IIJmioにはeSIM専用プランである「データプランゼロ」があります。

データプランゼロは基本料金165円~と破格の料金設定となっています。

ギガを購入しなければデータ通信はでいませんが、好きなタイミングでギガを購入して使えるためサブ回線に最適なプランです。

維持費を極力抑えてeSIMを契約したい場合はデータプランゼロを選びましょう。

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

IIJmioのeSIMプランのデメリット・注意点

次にIIJmioのeSIMプランのデメリット・注意点を3つ紹介します。

IIJmioのeSIMプランのデメリット・注意点
  • デメリット1|eSIM対応の音声通話プランはau回線だけ
  • デメリット2|物理SIMからeSIMへの変更はできない
  • デメリット3|eSIM対応機種が必要

デメリット1|eSIM対応の音声通話プランはau回線だけ

eSIMの音声通話プランではau回線しか選べません。

ですが、以下のプランではeSIMでドコモ回線が利用できます。

  • eSIMのデータプラン
  • データプランゼロ

「タイプAの音声物理SIM+タイプDのデータeSIM」といった組み合わせをすればマルチキャリアで使えるのでおすすめです。

また、音声通話プランがeSIMに対応したのは2022年10月25日からです。

比較的新しいサービスのため、今後eSIMの音声通話プランがドコモ回線に対応する可能性は十分あります。

デメリット2|物理SIMからeSIMへの変更はできない

IIJmioでは物理SIMからeSIMへの変更はできません。

もしeSIMに変えたいという場合は、物理SIMを一度解約し、再度eSIMを契約する必要があります。

どうしてもeSIMを使ってみたい場合は「データプランゼロ」や「eSIMデータプラン」を別途契約し、デュアルSIMで運用するのも一つの手でしょう。

デメリット3|eSIM対応機種が必要

eSIMを利用する場合、eSIMに対応した機種が必要です。

iPhoneの場合は2018年以降の機種であればeSIMに対応しています。

基本的にSIMフリー版での動作確認なので、キャリア版の機種を利用する場合はSIMロック解除しておきましょう。

eSIM音声通話プランの対応iPhone
  • iPhone 14シリーズ
  • iPhone 13シリーズ
  • iPhone 12シリーズ
  • iPhoneSE(第3世代)
  • iPhoneSE(第2世代)
  • iPhone 11シリーズ
  • iPhone XS/XS Max/XR

Androidの場合、代表的なものではGoogle PixelシリーズやOPPOシリーズがeSIMに対応しています。

その他機種に関しては公式サイトからeSIM対応機種を確認できます。

ちなみに動作確認済み機種はIIJmioが独自に動作確認したものです。動作確認が取れていない場合でもeSIMが利用できる機種は数多くあります。

ただ、検索するのは多少面倒ですので自分のスマホがeSIMに対応しているかどうかすぐに確認できる方法を紹介します。

AndroidスマホがeSIMに対応しているか調べる方法
  1. 本体の「設定」を開く
  2. 設定内の「デバイス情報」をタップ
  3. ステータス情報を確認
  4. 「EID」の欄があればeSIMに対応

お使いのAndroidバージョンによって各項目の名称は異なります。

「EID」とはeSIMに割り当てられた固有のIDで、eSIMに対応しているスマホにのみあります。

上記の方法以外ではスマホの化粧箱の側面に「EIDラベル」があればeSIMに対応していると判断できます。

もしお使いのスマホがeSIMに対応していれば、デュアルSIMといった便利な運用があるので試してみてくださいね。

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

楽天モバイル 2月のお得情報

・2023年2月14日まで、楽天モバイルに乗り換え&iPhone12購入で32,000円お得!複雑な条件なし!

2月の楽天モバイルは激アツ!

ついにiPhone14が値下げ。乗り換え&iPhone14購入で32,000円相当を還元、実質88,800円で購入可能!

しかも2年返却はなし、純粋な値下げAppleストア価格よりも2万円以上安いです!

その他、Androidスマホも大幅値下げ。人気の「Reno9 A」や「Xperia 10 Ⅴ」が1万円以上安くなり、もちろん12,000ポイント還元もありますよ!

IIJmioのeSIMプランの申込手順

出典元:IIJmio公式サイト

それではIIJmioのeSIMプラン申込手順を解説します。

まずは申込にあたって以下のものを用意しましょう。

申込・乗り換えに必要な物
  1. 本人確認書類
  2. メールアドレス
  3. 本人名義のクレジットカード
  4. eSIM対応のスマホ
  5. ネット環境
  6. 乗り換えの場合はMNP予約番号

IIJmioでは様々な本人確認書類が使えますが、eSIMでの申込に使える本人確認書類は以下の4つのみです。

eSIMで使える本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 在留カード

音声eSIMを申込場合はeKYC(AIによる本人確認)をするのでスマホが必要です。

必要なものを揃えたら公式サイトから手続きをします。

IIJmioの申込・乗り換え手順
STEP
公式サイトから申込する

IIjmioの公式サイト右上「ご購入・お申し込み」をタップして手続きを始めましょう。

事前にエントリーパッケージなどを購入していない場合は「事前支払いしたものはない」にチェックを入れて進みます。

STEP
契約種別を選択
  1. 新規かMNPか選択
  2. SIMカードの選択
  3. 端末を同時に購入するか選択
  4. 「つながる端末保証」に加入するか選択
  5. プラン内容・オプションを選択
STEP
申込に進む
  • 重要説明事項
  • 個人情報取扱に関する事項

を読み、チェックボックスにチェックして進みます。

STEP
mioIDでログイン
  • 持っている場合
    ⇒mioID・パスワードでログイン
  • 持っていない場合
    ⇒メールアドレスを入力して新規作成
STEP
基本情報の入力
  1. 名前や住所の入力
  2. クレジットカード情報を入力
  3. 配達希望日を設定

乗り換えの場合はMNP予約番号も入力しましょう。

STEP
本人確認をして申込完了

最後に本人確認して申込完了です。

本人確認はeKYC(AIによる本人確認)をするためスマホが必須です。

STEP
MNPの場合は開通手続きする

開通ページにmioIDでログインして開通手続きしましょう。

20:30~翌日9:00までに開通手続きをした場合は9:00以降の開通となります。

データeSIM・新規申込の場合はこちらの手順は不要です。

STEP
アクティベーションコードの確認

登録メールアドレスにアクティベーションコード発行完了の案内が記載されています。

メール内容に従って「アクティベーションコードの確認ページ」からコードを発行しましょう。

STEP
初期設定して利用開始

eSIMを利用する端末でアクティベーションコードを設定します。

Androidの場合

  1. 設定の「ネットワークとインターネット」から「SIM」を選択
    ⇒Androidバージョンによっては「モバイルネットワーク」
  2. SIMをダウンロード
  3. アクティベーションコードの読み込み
  4. ダウンロードを完了させる
  5. 「SIMを使用」を有効化させる
  6. アクセスポイントからAPN設定
  7. 発信テスト・ネット接続テストして完了
APN設定 入力項目
名前 iijmio
APN iijmio.jp
ユーザー名 mio@iij
認証タイプ PAPまたはCHAP
他の項目は空欄でOK

iPhoneの場合

  1. 設定の「モバイル通信」から「eSIMを追加(iOSバージョンによっては通信プランを追加)」を選択
  2. iOS 16以降であれば「QRコードを使用」を選択
  3. アクティベーションコードの読み込み
  4. SIMをアクティベート
  5. MyIIJmioから「APN構成プロファイル」のダウンロード
  6. 設定上部の「ダウンロード済みのプロファイル」へ
  7. プロファイルをインストール
  8. 発信テスト・ネット接続テストして完了

eSIMは申込完了後、設定すればすぐにデータ通信ができます。

手続きは10分~15分程度あればできるので試してみてくださいね。

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

IIJmioのeSIMを利用中に機種変更する手順

次にeSIM利用中の機種変更手順を紹介します。

これといって難しい手順はないので、下記を参考に実践してみてください。

eSIM利用中の機種変更手順
  1. 新しい機種に変更
  2. SIMプロファイル(eSIM)の再発行
  3. 新しい機種で再度eSIMの初期設定をする

データeSIMの場合は電話番号が変わってしまうので注意しましょう。

また、SIMカード発行手数料として、SIMプロファイル(eSIM)1つあたり220円の手数料が発生します。

eSIMの機種変更は難しそうなイメージですが、気軽に機種変更できるのでeSIM利用を前向きに検討してみましょう。

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

IIJmioのeSIMに関するよくある質問

最後にIIJmioのeSIMに関する以下の質問に答えていきます。

IIJmioのeSIMに関するよくある質問
  • データプランゼロからギガプランに変更できる?
  • eSIMで使えるドコモ回線のプランは?
  • eSIMで5Gは使える?

IIJmioのeSIMを申し込む前に、疑問点を解決しておきましょう!

データプランゼロからギガプランに変更できる?

2023年2月時点では、データプランゼロからギガプランへの変更はできません。

公式サイトによると、対応について検討しているとのことですが時期は未定です。

現時点でデータプランゼロからギガプランへ変更する方法は以下のとおりです。

データプランゼロからギガプランへの変更方法
  1. eSIMデータプランゼロを解約
  2. eSIMギガプランを契約

※順番は前後しても問題ありません。

eSIMから物理SIMに変更したい場合も同様の手順で変更できます。

eSIMで使えるドコモ回線のプランは?

IIJmioではドコモ回線が使えるeSIMのプランは以下のとおりです。

eSIMで使えるドコモ回線のプラン
  • eSIMのデータプラン
  • データプランゼロ

eSIMが使えるドコモ回線はデータプランのみなので、音声通話付きのeSIMを利用したい場合はau回線を使いましょう。

eSIMで5Gは使える?

IIJmioのeSIMは音声通話プランであれば5G通信ができます

eSIMで5Gが使えるプランは以下のとおりです。

5G通信が使えるeSIMプラン
  • eSIM音声通話プラン

必然的にeSIM単体での5G通信はau回線のみです。

ドコモ回線で5Gを使いたい場合は物理SIMの音声通話プランを使いましょう。

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

まとめ|IIJmioのeSIMは3つのプランから選べる!

当記事では、IIJmioのeSIM対応プランを徹底解説しました。

結論として、IIJmioのeSIM対応プランは申込後最短当日で使えることがわかりました。

また、「データプランゼロ」は業界最安値の165円で維持できます。

IIJmioのeSIMまとめ

eSIM対応の音声通話プラン

  • au回線に対応
  • 5G通信や各種機能が使える

eSIMのデータプラン

  • ドコモ回線に対応
  • 他社と比較して安価
  • 4G通信が使える

データプランゼロ

  • 基本料金165円で維持できる
  • 好きなタイミングでデータが使える

IIJmioのeSIM対応プランは3つのプランがあり、メイン回線だけでなくサブ回線としての需要も高いです。

当記事を参考にして、eSIMでの申し込みを前向きに検討してください!


IIJmio
・2GBで月額850円!最安値クラスの料金
税込500円から購入可!端末特価セール実施中
速度で選ぶ格安SIMならIIJmioがおすすめ!
IIJmio|公式

IIJmio|公式ページ

>>IIJmioの評判記事

緊急!楽天モバイルがiPhone全機種値下げ中

楽天モバイルのiPhoneシリーズが全て値下げ!最新iPhone15&15 Proも対象!
乗り換え&購入で20,000円割引&13,000ポイント還元!複雑な条件なし!
・SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!
・AndroidはXperia10Ⅴが26,930円割引で一括32,360円!
auエリアのプラチナバンド獲得で電波状況も大幅に改善!
・電話かけ放題&データ無制限で月額3,278円!余計なオプション一切不要

2023年2月は楽天モバイルが超還元を開催で最もお得です! iPhone全機種が33,000円分還元、SIMのみ乗り換えは過去最高クラスにお得な13,000ポイント還元!

さらに「Xperia10Ⅴ26,930円値引き(一括32,360円)」「Galaxy A23 5G 20,000値引き(一括6,400円)」など、Android勢にも嬉しいスマホ投げ売り祭りが開催中。

最強プランの提供開始でauエリアのプラチナバンドを獲得し、エリアが大幅に改善。しかも料金は据え置きで、3,278円で無制限データ通信可能!

もちろんRakuten Linkアプリを使えば電話かけ放題も基本料に含まれるので、電話の時間もデータ量も気にすることなく、安くて快適に使えますよ!

さらに、ギガを使わない月は自動的に安くなります。20GBまでなら1,100円安くなって2,178円、3GBまでならなんと月額1,078円まで値下げされます!

ギガをたくさん使う人も、あまり使わない人も、iPhoneがお得に欲しい人も楽天モバイルがお得です!

楽天モバイル|公式ページ

>>楽天モバイルの評判記事

終了間近のキャンペーンを見逃すな!

スマホのキャンペーンは3~4月が最もお得です。キャリア各社のキャンペーンが激化する中、なんとワイモバイルで「他社から乗り換えで最大26,000PayPayポイント還元」という破格のキャンペーンが開始されました!

たとえば家族4人で乗り換えれば、合計最大104,000ポイントもの大量還元。過去1年間で一番お得なキャンペーンなので、乗り換えを検討中の人はこの機会を見逃さないようにしましょう!

Tact

毎年3~4月は、スマホのキャンペーンが最もお得な時期乗り換えは今がベストタイミングですよ!

ワイモバイルヤフー店公式

>>ワイモバイルの評判記事

・終了間近のキャンペーン
楽天モバイルにSIMのみ乗り換えで13,000ポイント還元!(3/14まで)
楽天モバイルでiPhone全モデル値下げ!さらに33,000円分還元!Android5機種も大幅値下げ(3/14まで)
ahamoの特設サイトエントリー&乗り換えで10,000ポイント還元!(近日終了?)
povoの対象トッピング購入&乗り換えで最大10,000円分のauPAY残高還元!(不定期)
ワイモバイルのSIMのみ乗り換え還元PayPayポイントが26,000ポイントに増額!(3/31まで)
IIJmioでGOGOセール開催中!110円スマホが購入できる期間限定キャンペーン!(3/31まで)
楽天モバイルでOPPO Reno9 Aが緊急で20,000円値引き!一括20,700円(3/31まで)

・最新の投げ売りスマホ情報
・12月27日、規制開始後の1円スマホキャンペーンまとめ記事はここをタップ
楽天モバイルでiPhone15が実質32,880円!大幅値下げ&33,000円相当還元開催中
auオンラインショップでiPhone15が44,000円割引!
・auでGoogle Pixel 8が実質47円、Pixel 7aは一括25,500円
・auでXiaomi 13Tが実質7,900円、一括43,000円!
・ワイモバイルでOPPO Reno9 Aが一括13,400円
auUQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone12が一括21,000円!(在庫残りわずか)
au&UQモバイルに乗り換えで認定中古品iPhone13が一括48,000円!(在庫残りわずか)
ソフトバンクでiPhone14とPixel 8が実質1円(13ヶ月目で返却した場合)
auでGalaxy S22が乗り換え実質47円、機種変更16,547円(24ヶ月目に返却した場合)
ワイモバイルで認定中古品iPhone12が一括33,800円!

2024年3月に入り、終了間近のキャンペーンが多く出てきています!総務省の割引規制が12月27日に行われ、さらにahamoの10,000ポイント還元ワイモバイル26,000ポイント還元など、多くのキャンペーンが近日中に終了します!

Tact

3月はスマホキャリアもお得な特典が満載。特にiPhone15関連は活気があり楽天モバイルの17,000円値下げ&33,000円還元auの44,000円割引など破格の値下げ合戦が開催中です!3月はスマホが最もお得な時期なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

管理・運営

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン」という日本最大級の約3,000人が登録する建築家ネットワークを展開するアーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社が運営しています。建築とは切っても切り離せない「通信」に関して分かりやすくお客様に情報をお届けできるようASJ LIVINGのサイト更新を行っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

家電量販店にて大手スマホキャリアの販売を5年経験。販売の中でより良いサービスをもっと多くの人に伝えていきたいと感じWEBライターへ。接客では伝えきれなかった「あなたにぴったりな通信サービス」を、誰にでもわかる文章でお伝えします。大手キャリアから格安SIMまで幅広く利用してきたため、実体験に基づいた執筆が得意です。