A-COLLECTION

雨やどりの家

設 計|吉本英正三宅正浩

施 工|ASJ 米子スタジオ[株式会社平田組]

構 造|木造軸組構法 地上2階

撮 影|笹倉洋平

建築地は山陰の米子市、国立公園大山の麓である。

1年を通して雨が多いこの地域は、冬は冷たい北西風が吹きつけ、多雪地域でもある。また西側に対して高台になっているこの敷地は、景色が開けるかわりに強烈な西日を浴びる。

そんな特徴的な敷地に夫婦と子供2人、新たに同居する奥様の母親の5人が住む住宅を計画した。適度な家族間のプライバシーを確保しつつ、夜勤のあるクライアントが家族の雑音を気にせず睡眠できる環境を実現するために、各部屋を分棟形式とすることで、ほどよい距離感を保っている。

この分棟形式の各「イエ」の上に、通年の雨、冬の雪や北西風、夏の西日に対するバッファーとして地面から伸びる切妻の折板屋根を架けた。同時に、この大屋根は近隣住宅からのプライバシー確保にも貢献する。また、大屋根と「イエ」の隙間から入り込む自然光により、昼間は照明に頼ることなく明るい室内を実現する。

大きく南側と西側にはり出した大屋根により、太陽高度の高い夏期は直射日光を遮り、通風を確保することで涼しく快適な住空間となる。

各「イエ」の隙間を風が通り抜けるだけでなく、最大天井高さ7.5mのリビングでは最上部の開口や温度センサー換気扇から排熱することで、夏場の室内環境を快適にしている。

太陽高度の低い冬期は直射日光をリビングに取り込み、モルタル床に蓄熱することでダイレクトゲインを実現する。冬期の夜に床暖房を補助的に使うことで、できるだけ機械設備に頼らない快適な住空間を可能としている。

この大屋根はバラバラに分棟された家族の「イエ」を包み込むことで、家族間の繋がりが感じられるだけでなく、住人は「イエ」から屋外のようなリビングに出てくることで、プライバシーが守られつつ開放的な空間を共有することができる。

厳しい環境の中にありながらも、切妻の大屋根の下に家族が集うことで、温かみのある充実した生活空間になっていくことを願う。

(吉本英正+三宅正浩)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る