A-COLLECTION

川崎大師の住宅 | 南東より見る夜景 川崎大師の住宅 | 南の庭から見る 川崎大師の住宅 | ダイニングからリビングを見る 川崎大師の住宅 | リビングからバルコニーを見る
川崎大師の住宅 | 1階廊下から玄関を見る 川崎大師の住宅 | 2階スタディスペースからキッチンを見る 川崎大師の住宅 | 南東より見る 川崎大師の住宅 | 東より見る 川崎大師の住宅 | 2階バルコニーから物干しバルコニーを見る
川崎大師の住宅

設 計|矢作昌生

施 工|ASJ みなとみらいスタジオ[株式会社タツミプランニング]

構 造|木造軸組工法 地上2階

撮 影|鳥村鋼一

計画地は川崎大師にほど近い閑静な住宅街に位置している。ご主人はこの街で生まれ育ち、両親や親戚の家が建つ大きな敷地の一部を分筆して自宅を建てることにした。

つまり、北側と西側に隣接する住宅は親類の家である。一方、南側には2階建てのアパートが建っており、開口部は少ないものの、共用廊下や階段が敷地側に配置されていた。そのような条件下であったため、クライアントご家族は、親類宅とはほどよい距離感を保ち、南のアパート側にはプライバシーを求め、日当りが良く開放的な空間を望まれた。

敷地内のどこに建てるかはわれわれに概ね委ねられたが、北側は親類宅の駐車場やアプローチとなっていたため空地をとる必要があり、南側アパートとの距離は、実際は自分たちの駐車場1台分くらいしかとることができなかった。

そこで、南側の「プライバシー」と「日当りと開放感」という相反する問題については、建物の形態によって解決することにした。具体的にはE 型のプランとして2つの中庭を生み出し、すべての部屋がいずれかの中庭へ面するようにしている。南に直接面する外壁には開口部を設けずに、中庭を通して間接的に開放しているため、十分な日照とプライバシーを獲得することができた。また、2階では、さらに南側にバルコニーや物干バルコニーという緩衝空間を設けることによって、家族の滞在時間が最も長いLDK のプライバシーレベルを上げている。

非常にシンプルであるが、奇をてらわず無駄を省き、単純にE 型というプランの形状のみにより、この敷地の問題解決と快適な室内空間の在り方を模索した。

しばらくしてこの住宅を訪問してみると、芝や植栽が根付き、室内はクライアントの好みの家具や雑貨で彩られていた。南側に対しては、思惑どおり開放的な生活をされていながら、アパートの視線も気にならず、北側横長のスリット窓から見る親類宅との距離感もちょうどよいとのお言葉をいただけた。

最後に、ASJ に参加して間もない時期で、建築家との家づくりに試行錯誤されていたにも係わらず、常に前向きに頑張っていただいたASJ みなとみらいスタジオの方々にあらためて感謝いたします。

(矢作昌生)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る