A-COLLECTION

浮かぶRing | 南西より見る全景 浮かぶRing | 南より見る夕景 浮かぶRing | 東より見る夕景 浮かぶRing | 玄関から階段を見る 浮かぶRing | 踊り場より見る 浮かぶRing | リビングからスタディコーナーとキッチンを見る
浮かぶRing | リビングからスタディコーナー、キッチン、子供室を見る 浮かぶRing | 子供室の扉を閉めた様子 浮かぶRing | 子供室の扉を開けた様子 浮かぶRing | テラス 浮かぶRing | リビングからキッチンを見る 浮かぶRing | キッチンのディテール 浮かぶRing | サービスコート
浮かぶRing

設 計|久田友一

施 工|ASJ 沖縄北スタジオ[株式会社大興建設]

構 造|壁式鉄筋コンクリート造 地上2階

撮 影|アーキメディア沖縄/小玉勝

重量感あるコンクリート打放し仕上げを和らげるように、大きなリングでバランスを図る外観が特徴の住宅です。

道路側からのプライバシーやセキュリティを高めることと海に近く多湿な地域での快適空間を目指すため、居住スペースを2階に浮かせ、風が通り抜ける1階の広い駐車場がクッションとなるような形態を意識しました。

「浮かぶRing」では唯一、開放できる南側から室内に大容量の自然光と風を導き“リビング” と“デッキ” と“空” が繋がる圧倒的な開放感に満たされ、リビング上部の吹抜けから差し込む光は室内の奥まで届きます。

外観のリングと同じデザインの対面キッチンをセンターに配置し、料理や家事をしながら全体が見渡せるシンプルで使いやすい平面計画としました。広々とした内部空間に壁を作り過ぎず、まだ小さいお子様が将来部屋を欲しがる時期や、その後、自立し部屋がいらない場合を想定し、容易に対応できる可動間仕切りを採用しました。

クライアント希望のコンクリート打放しを内・外ともにベースとした今回の住宅は、空間全体を「どこでもギャラリー」的にイメージし、奥様の趣味である花のディスプレイを1階のエントランス、階段から2階のLDK、そして半野外のデッキテラスまで楽しんでもらい、訪れる来客者や家族が毎日通るエントランス横にはご主人の趣味であるバイクをガラス越しにディスプレイしました。

このようにクライアント自ら普段の生活の中に楽しみや喜びを演出できる空間から生まれる、「施主」と「建築」が豊かな関係を、今後もずっと持ちながら自由に愛着を育み続けられると嬉しく思います。

(久田友一)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る