A-COLLECTION

prismlayer | エントランス prismlayer | エントランスから中庭を見る prismlayer | 中庭を見る prismlayer | 土間から中庭を見る prismlayer | 土間と2階へ上がる階段 prismlayer | キッチンからリビングへ上がる階段
prismlayer | ダイニングから中庭を見下ろす prismlayer | ダイニングとキッチン prismlayer | 2階テラス prismlayer | リビング prismlayer | 花ブロックに囲まれた2階テラス prismlayer | ロフトからリビングを見下ろす prismlayer | ロフト prismlayer | 南より見る夕景 prismlayer | 南東より見る夕景
prismlayer

設 計|河内真菜

施 工|ASJ 町田スタジオ[ヤマゼン建設有限会社]

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|Nacása & Partners Inc. 藤井浩司

外と内が境界によって明確に区分されない曖昧な居場所。たとえば木陰のような居場所は外であるが、ある意味、内としての要素も併せ持つ。それは、そよ風や木漏れ日、影や光など、人の五感がそう感じさせてくれる。

郊外の住宅のイメージは、「庭付き戸建て」という、庭と家を明確に切り分ける成り立ちの住宅群が頭に浮かぶ。40 坪規模に区画された敷地に住宅が建ち並ぶその風景の中で、わたしは内と外が明確に区分されない曖昧な居場所に、家族が集う木陰がそこここにある住まいの風景をつくり出したかった。

敷地は、そんな分譲地の一角に位置する。東南の角地と、南に開けた公園の木々を望むことができる恵まれた立地条件であった。その中で、周囲からのプライバシーを守りつつ、閉ざされていない明るく伸びやかな郊外の暮らしと家族の風景を、立体的に連なるゆったりとしたスキップフロア形式で実現しようと試みた。

まず、建物の輪郭を敷地最大限のヴォリュームで決め、シンプルな家型で囲い取る。そこに、中庭やテラスなどの屋外空間と、リビングや食事室、各室の屋内空間を、半分ずつというバランスでそれぞれのフロアに配置した。

立体的に積層されたフロアは、その用途にあったヴォリュームと設えとすることで、場所ごとに違った居場所となる。大きな庇と抜けのあるテラスは空を感じ、光を通す花ブロックは木漏れ日のようにリズミカルに町の風景と暮らしを映し出す。中庭の大きな窓は、公園の木々の移ろいを家に取り込み、家族で手作りした中庭は訪れる人を楽しく出迎える。

そこを横断するゆったりとしたスキップフロアは、いろいろなレベルから、中庭や町並み、家族の様子を窺える。外と内のヒエラルキーはなく、町と家の中間的な屋外スペースは、町に開くことと守ることを両立する。

日々の生活の中、家族がそれぞれ別のことをしていても、共に気配を感じながら暮らす住まい。そんなイメージがぴったりの、優しい光に包まれながら、明るく開放的に暮らす郊外の家が実現した。

(河内真菜)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る