A-COLLECTION

トクシマS 東よりエントランスを見る トクシマS 南東より見る敷地全景 トクシマS 南より見る トクシマS ポーチから見るエントランス トクシマS ポーチ トクシマS 小庭のあるポーチから玄関を見る トクシマS 廊下からリビングを見る トクシマS ダイニングキッチン
トクシマS 予備室から小庭を見る トクシマS 寝室2は外部のような階段室に接している トクシマS 2階へ上がる階段は小庭に面している トクシマS 内庭に面した広縁 トクシマS ダイニングからリビングを見る トクシマS 浴室への入り口 トクシマS 洗面脱衣室から浴室を見る トクシマS 南側の内庭
トクシマS

設 計|中脇充博

施 工|ASJ 徳島スタジオ[株式会社アークホーム]

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|野村和慎

いつも、建築がまちや住まう人の日常に変化をもたらすきっかけとなればと考えている。要望だけを詰め込んだものより、余白や余剰、思いがけないことが心を豊かにしてくれると思っているのだが、「建築の力で」とついつい肩に力が入り過ぎることもある。

敷地は開発された区画の一角であり、街区の顔ともなる角地にあたる。西側は私有地ではあるが高層マンションの専用道路で、実質四方とも道路に面する稀な条件だ。準工業地域ということもあり、周辺には住宅以外の建物も見られる。

求められたのは、いわゆる完全共有型の2世帯住宅である。水廻りは共有する。ただ、個室については干渉しないようにとのことだった。また、旅館やホテルのラウンジのように、開放感だけではなく落ち着きのある空間が求められた。120坪の土地を持て余すような配置ではなく、庭とプライバシーが同時に獲得できるような包まれ感のある家が望ましいと感じた。

まず、大きな庭をふたつ設けることにした。ひとつはパブリックであるLDK専用の庭として、もうひとつはプライベート・ゾーンの前に設けた。リビングとダイニングはふたつの内庭に挟まれる。主に客用である和室は直接プライベートの内庭に、予備室は玄関脇の小庭に面し、ふたつの寝室はそれぞれ広縁と階段という緩衝帯を介して外と繋げた。プライバシー性の高さに応じて段階的に外部との接続方法を変えていった。

居住スペースが各々干渉しないように1階は居室を四隅に、2階の寝室は1階中央に配置した水廻りの上に載せた。

外壁や各所の内壁にも使用した仕上げは荒々しい表情で、現場の土と同じ色であり、周辺の住宅に所々使われている色でもある。それは、あまりに個性がないように見える周辺との接続の方法を模索した結果だ。

ともすれば旧来的な手法と言えなくもないが、今回に限っては肩の力を抜いたこの手法が正しかったと素直に思えた。

(中脇充博)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る