A-COLLECTION

Diverse 海洋コンテナの脇を通って中庭へ入る Diverse 東より見る全景 Diverse 北東より見る全景 Diverse 玄関1 Diverse リビングから寝室への入口
Diverse 子世帯リビングを見る Diverse 階段を見下ろす Diverse 子世帯リビングからダイニングと中庭を見る Diverse 中庭 Diverse 玄関2へのアプローチ
Diverse

設 計|森垣知晃

施 工|ASJ 岡山中央スタジオ[株式会社イチエ建匠]

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|Nacása & Partners Inc.藤井浩司

敷地は岡山県倉敷市、田園が残る古くからの住宅地にある。周囲環境の利便性が上がり、徐々に新しい住宅に建て直しが行われている地域であり、今回の計画地も大きな区画を分筆し宅地分譲された一画にある。

クライアントは5人家族の子世帯と親世帯で、水回りも全て個々に設けた2世帯住宅を希望された。要望の中で「住宅に見えない建物」「海洋コンテナを倉庫に使う」が特徴的な内容であった。

敷地の形状も特徴があり、それを上手く利用するために中庭を中央に配置する計画とした。中庭は周囲からのプライバシーを確保しつつ、明るい内部空間を構成する要素として取り入れる場合が多いが、今回はそれに2世帯間を繋ぐ機能を付加できないかと考えた。

子世帯はLDKと一体的に中庭を利用し、開放性と明るさを得る。その中庭に親世帯の玄関を配置することで、日々お互い顔を合わすシーンが生まれる。また子世帯は生活の中で中庭に目を向けるとその背景に親世帯があることで、意識せずとも親を見守る(気遣う)感覚になるのではないかと思いゾーニングを行った。

外観と外構は黒いトーンで構成。特徴的な海洋コンテナは正面および中庭から見えるようにシンボリックに配置した。アクセントとなる錆色の石畳はそれぞれの玄関へと誘う。

子世帯(北棟)は廊下をなくし、家族の集まるLDKを充実させ、そこを中心に各部屋へのアクセスを設けている。玄関横にファミリークローゼットを設けるなど、家族のコミュニケーションを大切に考えているクライアントの思いから生まれた動線計画である。

各所の仕上げは、打合せを重ねる中で得たクライアントの「好みの質感」に合わせ、素材提案を時間をかけて行い、変更を重ねながら空間が構成された。

親世帯(南棟)は暮らしやすさを大切に、南側の採光を十分に得られる間取りとし、外部には家庭菜園スペースを設けるなど楽しく暮らしてもらえるよう考えた。

今計画ではクライアントの要望に応えるため、当事務所で通常用いていた素材や形状以外の提案も多かった印象がある。情報が豊富にある環境の中、クライアントの好みも多様(Diverse)となるのも自然であり、その要望に合わせ多様な素材を使いながら設計していくことで新たな空間が生まれていく面白さを体現することとなった。

(森垣知晃)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る