A-COLLECTION

逢坂のいえ 北より見る 逢坂のいえ カーポートからポーチへ入る 逢坂のいえ 入口 逢坂のいえ リビングからダイニングとキッチンを見る 逢坂のいえ 3階スタディコーナー 逢坂のいえ キッチンからダイニングとリビングを見る
逢坂のいえ ゲストラウンジとテラスを見る 逢坂のいえ 中庭のある浴室 逢坂のいえ テラスからゲストラウンジを見る 逢坂のいえ 北東より見下ろす 逢坂のいえ 南東より見る夕景
逢坂のいえ

設 計|山本学

施 工|ASJ 東京東スタジオ

構 造|木造在来工法 地上2階/p>

撮 影|小川重雄

敷地は南北で接道している。そのふたつの道路には10mの高低差があり、敷地内も3段に分割されている。北側の道路から1.2m下がった約30坪の敷地と、そこから5m下がった15坪、さらに2m下がった15坪という構成である。安全を確保しながら有効に敷地を使いたいという要望に対し、法規のクリアと施工の難度が課題となった。

北側道路に面して駐車スペースを確保し、そのレベルにエントランスを設けた。1.2m下がったレベルに本体を配置し、スキップフロアで南北のそれぞれ異なるレベルに対しキャンティレバーで床面積をかせぎつつ快適な住居をめざした。

全体は5層で構成されている。

第1層はふたつの個室と衣類の収納、洗面浴室が並んだプライベートゾーンである。南面した個室からは5m下のレベルに張り出したデッキに出ることができる。第2層は道路に接したエントランスのみを設置。第3層が生活の中心になるLDKである。周囲からプライバシーを守るためのバッファーゾーンとして可動ルーバーをもつバルコニーが南側に取り付いている。第4層は和室と洋室のゲストルーム。北側のカーポートの上にせり出している。そして最上階である第5層は書斎となっており、ハイサイドライトから入った自然光を下層LDKと北側のゲストルームに落とし込む役割をもたせている。障子を通して行灯のように見立てた照明計画を施した。

高低差のある敷地における設計は眺望や採光の良さ、いわゆる敷地の持つポテンシャルをリスク回避しながら引き出して行く作業である。困難ではあるが、なぜか魅力を感じてしまう。

(山本学)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る