A-COLLECTION

星丘の住宅 北西より見る 星丘の住宅 西側エントランスから玄関土間を見る 星丘の住宅 主室から玄関土間を見る 星丘の住宅 土間から主室とキッチンを見る 星丘の住宅 主室から寝室方向を見る 星丘の住宅 1階寝室 星丘の住宅 キッチンから主室と玄関土間を見る
星丘の住宅 キッチン 星丘の住宅 2階室1 星丘の住宅 2階室1 星丘の住宅 南より見る夕景 星丘の住宅 南側の庭に面したテラス 星丘の住宅 浴室を見る
星丘の住宅

設 計|荒谷省午

施 工|ASJ 枚方スタジオ[株式会社IFA住宅設計室]

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|小川重雄

敷地は大阪の北東部、幹線道路から少し入るだけにもかかわらず、閑静な佇まいを保っている旧い住宅地にある。この敷地は高低差はなくフラットだが、一帯の宅地は起伏があり、ちょうどこの辺りはその窪地にあたる。そこに成人した子供とその両親である老夫婦という大人3人が共に住まう小さな住宅を計画した。

求められたヴォリュームに対して敷地は大きく、北側には駐車スペース、南側には庭のスペースを、西側には大きくアプローチの空間を確保している。

1階と2階、それぞれのヴォリュームをややずらして重ね、その上に傘のように方形の屋根を被せる。ふたつのヴォリュームのズレが吹き抜けやハイサイドライトとなり、それらの寸法を調整するように上下階のヴォリュームの重ね方を注意深く調整した。さらにそこからの光が最大限効果的となるように軒の深さを決定した。

プランは、1階は家族が集まって団欒するためのスペースと両親のためのスペース、2階は独立した独身者が住むスペースとなっており、上下層でそれぞれの生活を区画している。それぞれの階は吹き抜けを介して繋がっており、将来的な介護も想定して、家族同士がお互いの気配を感じられるように配慮した。

家族が集まる1階では、飼い犬のために大きな土間をつくり、それは庭へと連続した空間となっている。またこの広い土間は、将来的な車椅子でのアプローチを想定しており、そのために玄関ドアは大型の回転ドアとして外部に大きく開放できるようになっている。2階は6寸勾配の方形屋根の形がそのままインテリアにも現れ、変化のある天井高とそこに設けられたふたつのトップライトからの光により、包まれるような落ち着きのある空間となっている。

このような光の効果は主となる居住空間だけでなく、キッチンや浴室などの水回り、そして納戸にまで、同様にもたらされる。多様な光は空間に変化をもたらし、ここでの生活を豊かなものにしてくれることであろう。

(荒谷省午)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る