A-COLLECTION

徳島の家 南側築山の上から見る夕景 徳島の家 南から見る全景 徳島の家 リビングからダイニング1を見る 徳島の家 ダイニング1からリビングと和室を見る 徳島の家 リビングからダイニングを見る 徳島の家 キッチンからリビングとダイニングを見る 徳島の家 ダイニング2からリビングとダイニング1を見る 徳島の家 リビングから和室を見る
徳島の家 キッチン 徳島の家 ブックコーナーからリビングを見る 徳島の家 階段からリビングを見る夕景 徳島の家 南西より見る
徳島の家

設 計|藤原慎太郎室喜夫

施 工|ASJ 徳島スタジオ[株式会社アークホーム]

構 造|木造軸組み 地上2階

撮 影|矢野紀行

敷地は徳島市の郊外にあります。実家敷地から道路を挟んだ南東側に、変形地で大きな土地が売りに出たので、購入されたとのことでした。

建築主は、夫婦と子供2人の住まいと、将来オフィスにできる建物を希望されました。

東側の隣地には、大型の施設の計画があり、南面には車の通りが多い幹線道路がありました。そのような状況から、将来にわたって、プライバシーを確保しながら、採光と通風を得られる空間構成を持つ建物を考えることにしました。

縦に長い敷地のため、敷地の一部に築山を作ることで、幹線道路からの視線や音を遮り、採光と室内からの眺望を確保することにしました。南面の屋根を低くおさえることで、ダイニングやリビングからは、築山や遠くの山や空が見え、道路の存在を忘れさせ、リラックスできる雰囲気を作り出しています。

屋根部分から各居室を突き出すことで、各居室に南からの採光を確保し、通風に優れた計画としています。中央部分に位置するリビングや和室部分にも南面の採光が入ることで、細長い建物でありながらも、奥まで明るく通風が得られるような雰囲気を作り出しています。

共働きのご夫婦ということで、家族の気配を感じることができる雰囲気を希望されていました。そのような希望から、ダイニング~リビング~和室と読書コーナーといった皆が集まる共有スペースが、家の中央を視覚的に貫く仕組みとなっていて、そこから各部屋にアクセスできる空間構成としています。建物中央にあるリビングはスキップフロアになっていて、左右の1階には玄関、キッチン、ワークスペース、パントリー、洗面、浴室、納戸があり、2階には寝室、子供室2部屋、オフィスがあります。

竣工後、2年を経過した段階で写真を撮影しています。図面の時点や基礎の着工時点では建物が小さくて大丈夫かな?という感想もお聞きしていました。実際住んでみると数字以上の広さを感じるとのことで、現在は和室を皆の寝室として利用し、1階のみを住まいとして利用しているとのことでした。
これから、ご家族が成長し、住まいも一緒に成長する様子が楽しみな建物です。

(藤原慎太郎+室喜夫)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る