A-COLLECTION

JOY SKIP HOUSE 西より見る全景 JOY SKIP HOUSE 北西より見る外構 JOY SKIP HOUSE エントランス夕景 JOY SKIP HOUSE 南西より見る JOY SKIP HOUSE エントランスホール JOY SKIP HOUSE リビング JOY SKIP HOUSE ダイニングとキッチン
JOY SKIP HOUSE 吹き抜け JOY SKIP HOUSE キッチンからリビングを見る JOY SKIP HOUSE デッキからリビングを見る JOY SKIP HOUSE リビング JOY SKIP HOUSE ダイニング JOY SKIP HOUSE リビングからキッチンとダイニングを見る JOY SKIP HOUSE 子供室2 JOY SKIP HOUSE 和室 JOY SKIP HOUSE 西より見る夕景
JOY SKIP HOUSE

設 計|大江一夫大江泰輔

施 工|ASJ CELL大阪東[ナカタニ建設株式会社]

構 造|木造(KES工法) 地上2階

撮 影|平野和司

敷地は豊中市の中でも特に緑豊かな住宅地にあり、南には深谷池、東には洋館の佇まいの豊中市公館がある。角地であり、南側が深谷池の方へ1mほど低い緩やかな斜面地である。

その斜面に合わせ、1階は3レベル、2階は2レベルに分かれ、それぞれスキップになっており、この土地の特性を生かしたプランとしている。建物中央のスキップ部分が玄関となっており、そこから空間に対して斜めに鉄骨ストリップ階段がリビングへと上がっていく。ストリップ階段からはその先にあるシマトネリコへと視線が抜ける。また階段の吹抜けからは、トップライトの光が玄関を常に明るく壁の白を強調している。夏季にはそこから天井に溜まる熱気を抜くことができる。

リビングは天井高さ3.4m、ダイニングキッチンは2.4m、それを繋ぐ横長の大空間を実現するためにKES工法を採用した。KES工法は主に大規模木造建築で使われる工法で、集成材をオリジナルの金物で接合していく工法であり、大空間のあるプランに適している。

リビングには和室が隣接しており、開口部を通してリビングと繋がっている。また、その上は子供が遊ぶロフトとなっており、LDKと和室、ロフトがひとつの空間を共有したプランとなっており、子供の気配がどこにいてもわかるようになっている。

リビングの南側デッキへと繋がる大型木製サッシュから視線が池のほとりにある森の方へと誘われ、季節の良い時には心地よい涼しい風が取り込める。

外観は狭い道路に対して圧迫的になり過ぎないように玄関上部を他の外壁面より控え、なおかつ仕上げをコールテン鋼とすることで、西側の外壁のヴォリュームをふたつに分けスリムな印象を与えている。

外構は荒々しい表情の杉型枠RC 塀と黒グリ石、植栽、カラクリートで構成し、アプローチ周辺を囲うことはせず、開放的な構成とすることで地域にも、時とともに馴染む住宅となっていくことだろう。

(大江泰輔)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る