A-COLLECTION

Hachiman-Complex 南東より見る Hachiman-Complex 南より見る Hachiman-Complex 北東より見る Hachiman-Complex ガラスルーフのガレージへと続くアプローチ Hachiman-Complex リビング Hachiman-Complex エントランス Hachiman-Complex 寝室 Hachiman-Complex キッチンからダイニングを見る
Hachiman-Complex リビングからダイニングを見る Hachiman-Complex 階段からリビングを見る Hachiman-Complex テラスから見る夕景 Hachiman-Complex 和室 Hachiman-Complex 和室 Hachiman-Complex ガレージの夜景
Hachiman-Complex

設 計|小島広行

施 工|ASJ 品川スタジオ[ATインターナショナル株式会社]

構 造|木造在来工法一部鉄骨吊り構造 地上2階

撮 影|中村絵

[分節化する建築]
宮城県仙台市の国道沿いに敷地は位置します。擁壁により高低差を処理した敷地であり、人車ともに交通量が多く、音と視線をコントロールすることが建築を創造するためのポイントとなりました。

クライアントの要望は、形態は美術館のような建築で木造住宅と感じられないこと。外観は結晶化ガラス壁装材で被覆すること。騒音を回避しながら開放性の高い住宅を具現化したいとのことでした。

そこで、いくつかの壁面を配置し、ヴォリュームが肥大化しないように分節化し、透けるような壁面材で構成しました。

敷地のレベル差を生かすため、スクエアな連続性のある擁壁により視線の方向性を操作しながら中庭空間を挿入して、リビングからの開放性を高めることが可能となりました。

国道側には質量の重い厚い壁を設けて、その内側をガラスルーフ付きのガレージとすることで中間的領域を確立し、騒音を防ぐフィルターとして機能させるとともに、アプローチ空間に魅力を付加することができました。

結晶化ガラス壁装材の重量に耐えるため、随所にスチール部材を駆使して耐震性を高め、在来工法と思えない設えとしました。特にリビング上部のスラブはスチールロッドによる吊り構造を採用し、空間に変化と開放感を与え、中庭との連続性が落ち着きのあるアメニティスペースとして存在します。外周部の開口部を極力設置しないための手法として内部空間の間仕切りを最小限にとどめ、パーティションとしての強化ガラスを多用し、室単位としてではなく、ひとつの開口部から多数の空間に光が透過し、光に導かれる動線計画としました。

結晶化ガラス壁装材による外装は、周辺環境を映し出し、照明と協奏した透過するファサードとなって地域に溶け込む感覚が特徴的です。周辺施設に協調するための透過は設計の手法のひとつになることを確信した建築です。

私どもの設計活動の基軸は、下記の5つの事項からなります。
1)近隣建物等からの視線のバッティングを回避すること
2)外部空間との連携方法
3)断面的繋がり
4)通風・採光条件を高める手法
5)住まい手のライフスタイルの検証

これらの基軸をもとに、周辺環境や立地条件を勘案し最適な生活が可能な建築を創造することを目的として活動しております。私どもの設計手法により、空間構成の豊かな建築を生みだすことで、少しでも社会に貢献できればと考えております。

(小島広行)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る