A-COLLECTION

松島の家 南面ファザード 松島の家 1階リビングより中庭を見る 松島の家 キッチンよりダイニングを見る 松島の家 ゲストラウンジからテラスを見る 松島の家 ゲストラウンジからテラスに繋がるテーブル 松島の家 テラスからゲストラウンジと階段を見る
松島の家 ゲストラウンジとテラスを見る 松島の家 中庭のある浴室 松島の家 テラスからゲストラウンジを見る 松島の家 北東より見下ろす 松島の家 南東より見る夕景
松島の家

設 計|森裕

施 工|ASJ 沖縄南スタジオ[米元建設工業株式会社]

構 造|鉄筋コンクリート造 地上2階

撮 影|Kouji Okamoto(Techni Staff)

ここ那覇の中心では古くて小さな建物が建て替わり、急速な都市化が進んでいる。木造の時代の深い庇とアマハジのような気候を調節する一貫した建築様式は、コンクリート造の現代建築では見受けられず街の風景も内地のどこかと似通ってきているように見える。とはいえ、ここには明らかに異なる気候風土があり、強い日射しと塩気を帯びた湿気まじりの空気が漂う。そしてこの環境の中で人々が大切にしていることは、日陰の中で青い空と風を楽しむ暮らしである。

この都市住宅では南国の環境に向き合える建築の素形のようなものを探したいと考えていた。施主は子供たちの独立をきっかけに、ときおり人を招いて楽しめるゆったりしたシニアライフを送ることを希望され、新規に土地を購入された。この丘状の新たに造成された区画周辺はすべて更地で、この計画では今後建ち上がってくる都市環境との関係、距離の取り合いはひとつの軸となった。

1、2階の主室を門型の架構で囲い、その外側に水廻りと3つの中庭を設けるゾーニングとした。外を廻る中庭は風と穏やかな光を供給し、隣地との距離感をつくる緩衝帯となっている。2階は交流の場で、テラスに続くダイニングテーブルを中心に積極的に外での生活を楽しめる。テラス空間は南側の抜けた風景に開かれ、街路を迎え入れながらもテラスを覆う門型架構のスリットで直接の視線からは遮られている。スリット入りの壁は昼の日射しを緩和し、夜には灯りとともにテラスでの賑わいが街路に漏れ出す。

この島では人と人との距離感は近く、都会であっても人の気配が感じ取れる間合いは好まれ、このテラスは縁側のような役割を果たしている。門型の架構は外形の6本と中央の3本の柱で構成された薄肉ラーメンとし、中央に並ぶ杉板型枠の粗い仕上がりの十字形フレームが内外を渡り、シームレスな門型の空間全体に強いリズムを作り出している。

門型の屋根には空気層を挟まず外側から外壁の遮熱塗料、躯体内部の球形ヴォイドによる発砲スチロール、内部天井の断熱パネルによる3つの断熱層を設けることで躯体そのままの建築が可能になっている。このパーゴラを建物に組み込んだスリットの建築が素形として南国建築の表情をしていると思う。施主はテラスや中庭の余白に通る風の中おおらかに暮らされている。

(森裕)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る