A-COLLECTION

天城の家 中庭から見る夕景 天城の家 南より玄関ポーチを見る 天城の家 玄関と和室の入口を見る 天城の家 リビングからダイニングを見る
天城の家 2階からリビングと中庭を見下ろす 天城の家 玄関側からリビングとデッキを見る 天城の家 ダイニング側からリビングを見る 天城の家 寝室 天城の家 南より見る全景 天城の家 デッキからリビングを見る
天城の家

設 計||天久和則

施 工|ASJ 岡山中央スタジオ[株式会社イチエ建匠]

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|野村和慎

住宅地に住まう場合、プライベートを確保するといった内向きの空間で生きることはごく自然なことになっています。一方、多様で複雑な環境の中で、開放的な暮らしも同時に手に入れたいという思いも少なくありません。敷地の環境にもよりますが、このような要望や構成は増えていると思います。

かつては武家屋敷、町人町をもつ陣屋町として発展した倉敷市藤戸町は、今でも古い商家の建物が残り、往時の面影を色濃く残していますが、その歴史的な町並みとは対照的に、計画地は田を埋め立てた新興住宅地の一角にあります。

新たな町がつくられていくこの場所で計画するにあたっては、周囲に対する圧迫感を軽減するとともにクライアントの要望であったプライバシーの確保として、コの字型のプランとしました。つまりヴォリュームの中の「内へ向く空間」と、屋根やデッキ等の床、柔らかく仕切る目隠しの塀といった面でつくる「外へつながる空間」という相反するものを共存させることによって、建物の内から外へと多様な場をつくることを考えました。

当初クライアントは平屋を希望していましたが、敷地の大きさや要望の内容から平屋にするのは難しいため、子供室のみを2階に、主要となるLDKと主寝室などを1階に配しました。リビングとダイニングキッチン、そして寝室はコの字型の真ん中にあるプライベートな中庭を介し、緩やかな空間の連続性を生み、お互いの気配がなんとなく感じられるようになっています。

2階建て部分の大きな屋根は平屋の屋根に連続していき、連続する切妻の屋根は道路に近づくにつれ低く抑えられ、圧迫感を与えないようにしました。空間を覆ったりコの字型で囲ったりするだけでなく、その建築を周辺環境へどのように関係づけるか明快に表現できたと思います。

(天久和則)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る