A-COLLECTION

苦楽園の家 西より見る全景 苦楽園の家 大屋根に覆われたポーチ 苦楽園の家 玄関土間から階段を見る 苦楽園の家 玄関土間
苦楽園の家 リビングと玄関土間 苦楽園の家 リビングから玄関土間を見る 苦楽園の家 スペース2から階段とスペース1を見る 苦楽園の家 前面道路より見る全景 苦楽園の家 スペース1からテラスへ上がる階段
苦楽園の家

設 計|岸本貴信

施 工|ASJ 神戸スタジオ[株式会社あんじゅホーム]

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|冨田英次

敷地は兵庫県西宮市苦楽園、造成された分譲地内にある。区画分譲された敷地はそれぞれに高低差があり、苦楽園の特徴でもある阪神間の眺望を楽しめる立地であった。

クライアントからは明るい中庭のある家、ワンルームのような空間、景色を望める家というのが主な要望であった。

敷地面積は150㎡ほど、第1種低層住居専用地域のため外壁後退の規制が1.0m、建蔽率は40%である。この規制の中で中庭型の家は居住空間を十分に確保するには難しく、どのようにすればクライアントの望む家になるのか。それを解く鍵が「ワンルームのような空間」という言葉にあった。

敷地境界から1.0m内(うち)に入ったエリアが建築可能範囲となるため、その範囲の中心をつまむように持ち上げ、大きな屋根を作るイメージをする。するとそこには敷地と同じ平面形の大きな屋根に覆われたワンルームの空間が生まれる。その中にLDKや寝室他を配置。また、景色を望むためには高い塔が必要なため、その塔を景色側にワンルームの空間と繋げた。

その塔の中に将来必要となるであろう予備室を2部屋。大きなワンルームの空間と塔との間には階段を設け、それぞれのスペースと景色を望むための塔の屋上へと導いている。玄関から繋がる階段スペースは土間で仕上げ、大きな吹抜けがあることで明るい外のような空間となった。そこはまるで中庭を思わせる空間でもある。

敷地の持つ規制や特徴に素直に建築することで自然とクライアントの想う家となった。ヒアリングの際には外構の植栽はそんなにいらないとおっしゃっていたが、打合せが進むにつれ、また、現場が進むにつれ植栽の話が多くなったりするなど、とても気さくなご夫婦との掛け合いが毎回打ち合わせの場を和ませてくれたこと、とても感謝しております。

(岸本貴信)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る