A-COLLECTION

View hill 南東より見る View hill 庇のかかる2階テラス View hill リビングから階段と中庭を見る View hill リビングからキッチンとダイニングを見る View hill キッチンからリビングを見る View hill リビングからデッキテラスを見る
View hill キッチンからダイニングを見る View hill ダイニングからキッチンを見る View hill デッキテラスから見る View hill 居室2から2階テラスを見る View hill 2階の居室2 View hill 南より見る夜景
View hill

設 計|河内真菜

施 工|旧ASJ 横浜南スタジオ

構 造|木造在来工法 地上2階

撮 影|鳥村鋼一

高台という立地は、人に躍動感を与える。前のめりになるほどの急勾配を登り切った先に獲得する広がりあるそのロケーションと開放性は、住宅街というアイレベルの日常から、鳥の目線で街と対峙する飛躍的な開放感を呼び覚まし、非日常の場の力を持つ。クライアントは、この立地に惚れ込み土地を購入した。

私はここで、その非日常の躍動感を損なわず、建築が置かれることで景色との関係を再構築することを考えた。

南側の前面道路との高低差が4mある。これにより、ある程度周囲の視線を切ることが可能となるが、敷地に立つと、開放性と同時に見る見られるという関係から逃れられないのが住宅街だと感じた。そのことから、眺望を取り込む舞台のような伸びやかさと同時に、居心地の良い守るべき居住環境を、複雑でないシンプルな形態で実現したかった。

50坪程度の整形敷地に、まず、景観に平行するようにシンプルで開放性のあるヴォリュームを配置する。そこに、直進方向の動線空間をT字に入れ込むことで、空間に奥行きを持たせ、心地よい居場所と同時に、多角的に風景をつかみ取る動きのある空間を造り出した。このT型ヴォリュームはプライバシーを守る緩衝帯としても機能している。庇の出は、周囲の目線を切るよう決定し、同時に風景に対する抜けを強調するメガホンのような効果がもたらされる。

内部空間は、食の場である調理台を中心に、さまざまな部屋が展開する。客間、食事の場、居間と、各室に応じた天井高、陰影、設えとすることで、ワンルームでありながら、違った視点で風景と対峙するそれぞれの居場所となる。見下ろされる北側には、塀を切りかいた中庭を設け、水回りを配置した。

2階は、寝室や子供部屋などのプライベート・スペースからなる。T字のヴォリューム上部は物見台となっており、清々しい景観を独り占めできるシカケとした。ガラスの間仕切り壁でつくられる寝室は、内部から街を一望でき、物見台テラスと一体利用でき、セカンド・リビングのような機能もあわせ持つ。

敷地に新たな丘を構築することで、どの部屋からも、風景を楽しむことができ、室に応じた眺望に対する関係性を変えることで、多角的に風景を望む、開放的で居心地の良い高台の家が実現した。

(河内真菜)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る