A-COLLECTION

CONTAINER BASE | 南東より見る CONTAINER BASE | コンテナに囲まれた庭 CONTAINER BASE | 庭よりダイニングを見る CONTAINER BASE | ギャラリー2より庭を見る CONTAINER BASE | ギャラリー2よりスペース1を抜けリビングダイニングを見る
CONTAINER BASE | リビングからダイニングを見る CONTAINER BASE | キッチンからダイニングを見る CONTAINER BASE | 庭よりギャラリー2を見る CONTAINER BASE | 庭よりギャラリー1を見る。夕景 CONTAINER BASE | 南東より見る全景
CONTAINER BASE

設 計|岸本貴信

施 工|ASJ 徳島スタジオ[株式会社アークホーム]

構 造|木造在来工法 地上1階

撮 影|冨田英次

敷地は徳島県板野郡。ここを住まいとしたクライアントは40フィート輸送用コンテナを2基使って住まいを考えたいということだった。

主にコンテナは趣味のバイクや音楽などを楽しむ場として考えていたため、その楽しむ場が暮らしに近いものになることを意識して計画した。まず、コンテナをイメージした時に閉鎖的な空間を連想する。暮らしの中にも閉鎖的な空間を必要とする場がある。収納であったり水回りであったり寝室や書庫であったりといくつかあげられる。それらを20フィートコンテナに見立てたサイズに集約し、新たに木造でコンテナを3基計画した。

40フィート2基、20フィート3基の合計5基のコンテナで住まいを計画する。

南に吉野川の土手を望むことのできる敷地から40フィートコンテナを両側に、20フィートコンテナを挟むように南北に配置する。ある程度の空間を持たせながら配置することによってコンテナの間には南北に抜ける空間が生まれ、そこは暮らしの中でも外と繋がる開放的な空間となっていく。玄関であったりリビングであったり。それらはコンテナを介して東西に繋がる。閉鎖的な空間と開放的な空間が交互に重なるように配列され繋がる。

コンテナが暮らしの一部となり自然と家族がいきかう、日々を楽しむ場がここに計画された。

(岸本貴信)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る