A-COLLECTION

山科の家 | 南西より見る全景 山科の家 | 北より見る全景 山科の家 | ポーチから玄関をみる 山科の家 | リビングから玄関を見る 山科の家 | テラスからリビングとダイニングを見る 山科の家 | リビングからダイニングを見る
山科の家 | キッチンからリビングとダイニングを見る 山科の家 | ダイニングからリビングを見る 山科の家 | 南にあるテラス 山科の家 | 2階フリースペースと子供部屋 山科の家 | 北より見る夕景
山科の家

設 計|岸研一

施 工|ASJ 京都みやこスタジオ[株式会社かわな工業]

構 造|木造在来軸組工法 地上2階

撮 影|岡田大次郎

敷地は、京都市の東部に位置し、周囲を山に囲まれた盆地にある住宅街である。この辺りは、京都市特有の景観条例による形態の規制が少ないため、比較的自由に計画できる地域である。この敷地を選んだクライアントの要望は「モダンな白い箱のような家」だった。プライバシーを重視した中庭タイプの家で、明るく広々としたリビングダイニングでにぎやかに暮らすというライフスタイルをイメージされていた。

敷地条件とその他の要望を整理していくと、中庭タイプのプランではなく南側にデッキテラスを設けたプランにたどりついた。西側が大きく開かれた敷地は、西日対策が必要不可欠である。西側の敷地境界に沿って2.9mの高さの壁をアプローチから建物を抜けて南側のテラスを取り囲むように配置し、西日と共に周囲からの視線も遮ることにした。

広くひと繋がりの空間であるLDKは、床にふたつの役割を持った段差を設け、空間に変化を付けた。リビング、キッチンから150mm上がったダイニングは、小さなお子様がお手伝いしやすい高さとなり、キッチンとダイニングの目線を合わせることで場所が離れても一体感を感じられるように配慮した。さらに400mm上がった部分は、ダイニングの椅子となり、テラスと床レベルを合わせることで、さらに外のリビングへと空間が広がっていく。ここは外から中に入り込んだ逆の形の縁側となり、腰をかけて過ごすことができる。

床がフラットで何もなければただの通路や空間でしかないスペースであるが、段差を設けることで、空間に見えない間仕切りができ、椅子や机、収納になる。大きな段差の内部は子供の秘密基地にもなる。ご家族がいろいろな使い方、楽しみ方を発見してくれることは、想定外であっても、とても嬉しいことだ。

住宅は家族だけの特別な空間で、住む人によってカスタマイズされ、共に成長していってもらいたいと願っている。

(岸研一)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る