A-COLLECTION

集庭(つどいにわ)の家 | 東より見るアプローチ 集庭(つどいにわ)の家 | 回廊。玄関へ向かう 集庭(つどいにわ)の家 | 玄関からリビングダイニングを見る
集庭(つどいにわ)の家 | 家事通路とリビングダイニングの間にあるワークスペース 集庭(つどいにわ)の家 | リビングダイニングからロフトを見る 集庭(つどいにわ)の家 | ロフト 集庭(つどいにわ)の家 | 客間押入れ、ロフトへと上がる階段を見る 集庭(つどいにわ)の家 | 中庭からリビングダイニングを見る
集庭(つどいにわ)の家

設 計|柏木学柏木穂波

施 工|ASJ 長野スタジオ[株式会社鹿熊組]

構 造|木造在来工法 地上1階

撮 影|上田宏

計画地は東と北の2面が道路に面した角地で、長野市内の閑静な住宅地にあり、敷地面積は約105坪。格子戸をくぐると中庭が広がり、その庭を囲むように居室を配した平屋のコートハウスです。「育ちざかりの3人の子供たちの様子が、家のどこにいても見渡せることと、リビングを通らない家事動線がほしい」日々の生活の中で大切なこの2点を、奥様は希望されていました。

そこで、中庭に面して北側からリビングダイニング、子供室、主寝室を配し、北面道路側には、家事通路として、パントリー、室内干しスペース、クローゼット、洗面・脱衣・浴室を設けることによって、パブリックゾーンとプライベートゾーンが明確に分離できるよう配慮しました。

リビングダイニングと家事通路の間には、キッチンとワークスペースを設け、回遊型の家事動線としています。敷地東南角に設けたガレージからも、中庭に直接アプローチが可能で、廻廊を通って、雨に濡れずに玄関へと向かいます。

またガレージ奥には、主寝室に面してバックヤードがあり、南側の採光を確保すると共に、外部収納、家庭菜園のスペースとなっています。格子戸をくぐった正面は、ワンルームの子供室となっており、子供たちの成長に合わせて、可動収納で自由に仕切りを変えられる間取りになっています。

リビングに面した小上がりの客間は子供たちの日々の舞台ともなり、押入横の隠し戸を開けるとロフトへの階段が現れます。ワークスペース上部にトップライトを設けることで、道路や近くのマンションからの視線を感じることなく、明るく開放的に生活のできるLDK空間を生み出しています。

庭は、憩い、眺める場であるとともに、遊び、集う場でもあります。廻廊で囲まれた中庭を造ることで、ウチとソトが敷地いっぱいにつながり、回遊性を持った住空間が生まれます。家づくりを一緒に進めることのできたご家族の皆様、スタジオの皆様に感謝するとともに、家族が共に過ごす時間を大切にできる……そんな「集庭」が子供たちの笑い声で満ち、緩やかに季節がつづられていくことを願っています。

(柏木学+柏木穂波)

【本サイトに使用されている全てのテキスト、画像等の無断複製、無断転載、再配布などは固く禁止させて頂きます。】

一覧に戻る